国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ジュエルカフェ  イオンタウン黒崎店

買取専門店ジュエルカフェ イオンタウン黒崎店 スタッフブログ

2016年02月24日 ルイヴィトンを知ろう

北九州市でルイヴィトンを売るならジュエルカフェイオンタウン黒崎店へ


ジュエルカフェイオンタウン黒崎店ではルイヴィトンを強化買取中です。


宅配買取・出張買取も行っていますのでお気軽にご連絡下さい。


ここでルイヴィトンの歴史の豆知識がこちら!

ブランド「ルイ・ヴィトン」の創業者、ルイ・ヴィトンが生まれたのは、1821年、スイスとの国境に近いジュラ地方アンシェイ村。12人兄弟、真ん中の子として生まれたルイは、父の影響もあり、職人としてのキャリアをスタートさせます。しかし14才のとき、育ての母親との仲が悪化し、ほとんどお金も持たずに家出。そして彼が向かったのが、当時光の都と呼ばれていたパリでした。パリにたどり着いた少年ルイは、ある一流職人の見習いとなります。それは、トランク製造と、そのトランクに荷造りをする荷造り職人。当時はまだ針金ですそを広げるスカートが流行しており、ドレスをいくつも持ったお金持ちが旅行するときには、専用のトランクが必要でした。更に、「畳んでかばんにつめる」という荷造り職人までいたのです。
この職人のもと、ルイ・ヴィトンは抜きん出た才能を発揮、フランス皇室からの注文を受けるなど、フランス随一の職人にまで上り詰めます。そして1854年、33才にして独立。当時高級ブティックが建ち並んでいたパリ・カプシーヌ通りに店を構えたのです。世界で初めて、トランクを専門に扱うこの店こそ、後に世界一のブランドにまで発展する「ルイ・ヴィトン」誕生の瞬間でした。
当時ルイが作っていたのは、馬車旅行のためのトランク。馬車の後ろに積んだとき、雨が垂れるよう、蓋が丸みを帯びた、当時としてはごくごく普通のデザインでした。この頃はまだパリにいくつもあるトランク屋の一つにすぎなかったのです。そんなルイ・ヴィトンがブレイクするきっかけとなったのが、蓋が平らなトランク。時代の先を見ることにたけていたルイ・ヴィトンは、交通機関の発達に注目。これからは船や機関車での移動が増えると読み、それまでの「蓋の丸いトランク」から、室内で積み上げることができる「平らなトランク」を考え出したのです。素材も、革より軽い無地のコットンを使用。更にそれに防水加工を施した「グリ・トリアノン・キャンバス」を開発しました。当時の一般的なトランクに比べ、ルイ・ヴィトンのトランクは軽くて丈夫。さらには、トレーや仕切りまで設置され、使いやすさをとことん追求したものだったのです。こうして「ルイ・ヴィトンのトランク」が誕生すると、当時のセレブたちの間で一躍評判になったのです。



北九州市市でルイヴィトンの買取ならジュエルカフェイオンタウン黒崎店へ
査定は無料なのでお気軽にご来店下さい。

ライン査定

お問い合わせ

現在多くのお問い合わせを頂いており、ご返信に少々お時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

宅配・出張買取エリア

  • 北海道
  • 札幌/函館
  • 東北
  • 青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
  • 関東
  • 東京/銀座/青山/神奈川/横浜/埼玉/ 千葉/茨城/栃木/群馬/山梨
  • 信越
  • 新潟/長野
  • 北陸
  • 富山/石川/金沢/福井
  • 東海
  • 愛知/名古屋/岐阜/静岡/浜松/三重/ 津
  • 近畿
  • 大阪/難波/梅田/兵庫/神戸/芦屋/ 姫路/京都/新門前/滋賀/彦根/奈良/ 和歌山
  • 中国
  • 鳥取/島根/岡山/倉敷/広島/山口
  • 四国
  • 徳島/香川/愛媛/高知
  • 九州
  • 福岡/博多/佐賀/長崎/熊本/大分/ 宮崎/鹿児島/沖縄
ページの先頭へ
ページの先頭へ