国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ジュエルカフェ  大分セントポルタ店

買取専門店ジュエルカフェ 大分セントポルタ店 スタッフブログ

2016年03月19日 LOUIS VUITTON お買取り ジュエルカフェ大分セントポルタ店 大分県大分市 
大分、別府、由布、臼杵、津久見、杵築、日出、犬飼、三重、野津にお住まいの皆様。
いつも大分ジュエルカフェ 大分セントポルタ店ブログをご覧頂き誠にありがとうございます!
お買取致しました商品のご紹介いたします。
LOUIS VUITTON ダミエ アルトナです!
 
 
 blog0319
 
ルイ・ヴィトンが評価されるようになったのは、創始者であるルイが亡くなった後のことである。
ヴィトン社はまず「グリ・トリアノン・キャンバス」(Gris Trianon) というトランク工場として創始され、世界初となる旅行用鞄の専門店をパリに創業。
 
1885年、ヴィトン社はロンドンに進出され、ジョルジュが模倣品防止のため、ベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」と呼ばれるデザインを考案。
商標登録もされていたにもかかわらず、またコピー商品が出回ることとなった。現在は白と灰色の「ダミエアズール・ライン」、黒を基調とした「ダミエグラフィット・ライン」もある。
 
特徴としてはチェック柄に近く、同じヴィトンである「モノグラム」とはまったく異なるデザインである。なお、もともとはモノグラムの色調を踏襲した「うす茶色×焦茶色」のモデルだけであったが、2007年ごろより女性向けの白×青のモデル、2008年頃から男性向けの黒×グレーのバリエーションも登場した。最近では、日本では若者の支持が高い。なお、茶系のものが「エベヌ」、白系のものが「アズール」、黒系のものが「グラフィット」という名称がついており、「エベヌ」は単にダミエと呼ばれるのに対して、白系はアズール、黒系はグラフィットと呼ばれる。価格、形式などはモノグラムとは基本的に変わらない。
「エベヌ」のオリジナルデザインは「モノグラム」よりも歴史は古いが、簡単な紋様であったために模倣されることが多く、「モノグラム」が主流になってからは長い間販売ラインから落とされていた。
 
只今、ジュエルカフェ大分セントポルタ店ではブランドバッグお買取強化中となっております。
お使いになっていないお品物ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ジュエルカフェ大分セントポルタ店
〒870-0035
大分県大分市中央町2-5-23大分セントポルタ内

TEL 097-540-5325

営業時間:am10:00~pm19:00

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スマホで簡単査定

ライン査定

お問い合わせ

現在多くのお問い合わせを頂いており、ご返信に少々お時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

宅配・出張買取エリア

  • 北海道
  • 札幌/函館
  • 東北
  • 青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
  • 関東
  • 東京/銀座/青山/神奈川/横浜/埼玉/ 千葉/茨城/栃木/群馬/山梨
  • 信越
  • 新潟/長野
  • 北陸
  • 富山/石川/金沢/福井
  • 東海
  • 愛知/名古屋/岐阜/静岡/浜松/三重/ 津
  • 近畿
  • 大阪/難波/梅田/兵庫/神戸/芦屋/ 姫路/京都/新門前/滋賀/彦根/奈良/ 和歌山
  • 中国
  • 鳥取/島根/岡山/倉敷/広島/山口
  • 四国
  • 徳島/香川/愛媛/高知
  • 九州
  • 福岡/博多/佐賀/長崎/熊本/大分/ 宮崎/鹿児島/沖縄
ページの先頭へ
ページの先頭へ