国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ジュエルカフェ  ゆめタウン行橋店

買取専門店ジュエルカフェ ゆめタウン行橋店 スタッフブログ

2016年03月23日 カルティエ ラブリング ゆめタウン行橋店でお買取しました!!!

豊前、椎田、築城、行橋、苅田、朽網、田川、みやこ町、曽根、小倉にお住まいの皆様へ

こんにちはっ★(Op´∀`o)ノ。o+゚
ゆめタウン行橋店の(゚Д゚)です!!

桜がほころび始めた今日この頃

(゚Д゚)の春はやっぱり運動から(笑)ですが

次のお休みはお花見に行く予定です♪

天気になりますように☆

 

それでは!ジュエルカフェゆめタウン行橋店でお買取した商品のご紹介です♪

本日、カルティエ ラブリングをお買取しました!!!

034

 

ではでは、ここでカルティエの豆知識!!
 
カルティエは、世界中の王族に愛されているブランドで、イギリスの王室御用達にもなっています。
1853年にヌーブ・デ・プティ・シャンとオリに本格的にお店がオープンしました。

「レ マスト ドゥ カルティエ」を提唱し、機能的で広く社会に受け入れられる新しい高級品ブランドのイメージとなったのです。

また、1970年にアルド・チプロがカルティエニューヨークのために作られたのが、カルティエのラブリングでした。
これは、永遠に変わらない愛の形を、世界中の恋人達のために創作したリングです。
素敵な人から贈られたいと願うピュアな女性たちの憧れの結晶みたいなものですね。
今では、国境を越え、年齢なども関係なくたくさんの女性に支持され愛されています。
 
カルティエラブリングには深い意味があるみたいです
「束縛」「愛の絆」マルの中のマイナスは「ビス」を表すそうです。
1969年に「ラブブレス」が作られ1983年に「ラブリング」が作られたそうです。
人気歌手の方々が付けていると話題になったのが「ラブリング」です。
 
カルティエ ミニラブリングとは

ラブリングには、ミニラブリング・ハーフダイヤ入りラブリング・フルダイヤ入りラブリング・カルティエミニラブリング1DIAがあります。
サイズ幅が違うラブリング、ミニラブリング!

カルティエのミニラブリングは、女性だけではなく男性もピーキーリング(小指にはめる指輪)として使われています。

カルティエミニラブリング1DIAは、通常のラブリングにワンポイントとして、ダイヤモンドが入っていて、人気があるようです。
このリングは、全て18金であり、純正BOX・保証書・手提げ袋が付属になっています。
純正BOXは、真っ赤なカルティエ専用のBOXになっていて、保証書は、カルティエから発行されるギャランティカードで、手提げ袋もカルティエオリジナルのものになっているそうです。

カルティエ ラブリング ハーフダイヤなど

カルティエのラブリング ハーフダイヤというものがあります。
このリングのサイズ幅は、ハーフ/フルダイヤ入りラブリングだと0.6cmになっています。
ハーフダイヤモンドとフルダイヤモンドの違いは、ハーフはダイヤが3つ埋め込まれていますが、フルダイヤモンドは、6つ埋め込まれていることです。
また、フルダイヤモンドには、ラブリング独特のマークはなくて、その変わりにダイヤモンドが入っているのです。
カラーはそれぞれ、ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドの3色があるそうです。

ジュエルカフェゆめタウン行橋店ではカルティエの他にも、ブルガリ/エルメス/ティファニー
シャネル/ディオール/ などなど
新品・未開封の品物はもちろん、使い込んだブランドジュエリー買取強化中です( ゚ー゚)
ギャランティー、箱、無しもOKです*’∀’)ノ

また、ブランドバッグも買取強化中です!!


査定は無料ですので、いつでもお気軽にご来店くださいませ(゚∀゚*)(゚Д゚)(?д?)

ライン査定

お問い合わせ

現在多くのお問い合わせを頂いており、ご返信に少々お時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

宅配・出張買取エリア

  • 北海道
  • 札幌/函館
  • 東北
  • 青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
  • 関東
  • 東京/銀座/青山/神奈川/横浜/埼玉/ 千葉/茨城/栃木/群馬/山梨
  • 信越
  • 新潟/長野
  • 北陸
  • 富山/石川/金沢/福井
  • 東海
  • 愛知/名古屋/岐阜/静岡/浜松/三重/ 津
  • 近畿
  • 大阪/難波/梅田/兵庫/神戸/芦屋/ 姫路/京都/新門前/滋賀/彦根/奈良/ 和歌山
  • 中国
  • 鳥取/島根/岡山/倉敷/広島/山口
  • 四国
  • 徳島/香川/愛媛/高知
  • 九州
  • 福岡/博多/佐賀/長崎/熊本/大分/ 宮崎/鹿児島/沖縄
ページの先頭へ
ページの先頭へ