国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ジュエルカフェ  パークプレイス大分店

買取専門店ジュエルカフェ パークプレイス大分店 スタッフブログ

2016年03月25日 大分県大分市 ジュエルカフェパークプレイス大分店 切手のお買取!

大分、別府、由布、臼杵、津久見、杵築、日出、犬飼、三重、野津にお住いの皆様。

いつも大分ジュエルカフェパークプレイス店のブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。 

切手

今回使用することがないということでお持ち頂きましたのは50円切ってとなります♪

ここに写しているのはほんの一部ですが、かなりの量お持ちいただけました!

ちりもつもれば何とやら・・・・

査定額にお客様びっくりされていました。好きなものを購入して、旦那とディナーにでも

いこうかなとおっしゃっておりました☆

たまに整理整頓すると、思わぬ収入がありますね。

 

ここで切手の名称について紹介です。

「切手」という名称はもともとは持参人に表示された商品を引き渡す一種の商品券を意味するもので、当初は「切符手形」と称していたが、その後略されて切手とされるようになった。江戸時代には通称名を「蔵預かり切手」と呼称した。米切手はその代表格であり(米以外に大豆や生蝋・黒砂糖・小麦などもあった)と云われ、蔵屋敷などの交換所で商品と交換することができた。やがてこれらの手法が民間にも派生して、1777年には大阪の菓子屋、虎屋伊織が饅頭切手が発売。以後、羊羹やうなぎ、鰹節、酒などの切手も江戸を含む各都市の商家で発売され、庶民に定着した。そのため、明治時代に郵便料金支払いを証明する意味で「切手」が使われるようになった際には、他の類似証券類が別の名称を区別して扱われるようになった(商品切手→商品券など、例外的に小切手がある)。現在では、切手といえば、郵便料金を前納したことを証明するために手紙などの郵便物に貼る金券の一種の紙片のことを表すようになった。広く認知されている郵便と切手の関連性から、JPタワー内の日本郵便が手がけた初の商業施設にも「KITTE」の愛称が付けられている。

英語では切手は”stamp”というが、これは証紙の意味もある。元々イギリスでは言論統制の手段として新聞に税金をかけていたが、その新聞税納税の証拠として証紙が印刷されていた。この証紙のことを”stamp”と呼称していたため、同様に郵便税(郵便料金)を前納した証拠としてそのまま使われるようになった。そのような出自もあってか、英連邦諸国では、切手は印紙としての機能も持っていた。

深くしるとおもしろいですね♪

ぜひ出張買取も行っておりますので、重たいものですとかありましたらお気軽に

ご連絡くださいませ♪

↓  ↓  ↓

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 大分県大分市公園通り西2-1

パークプレイス 大分店

電話番号097-528-3070 FAX097-528-3071

  • ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ライン査定

お問い合わせ

現在多くのお問い合わせを頂いており、ご返信に少々お時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

宅配・出張買取エリア

  • 北海道
  • 札幌/函館
  • 東北
  • 青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
  • 関東
  • 東京/銀座/青山/神奈川/横浜/埼玉/ 千葉/茨城/栃木/群馬/山梨
  • 信越
  • 新潟/長野
  • 北陸
  • 富山/石川/金沢/福井
  • 東海
  • 愛知/名古屋/岐阜/静岡/浜松/三重/ 津
  • 近畿
  • 大阪/難波/梅田/兵庫/神戸/芦屋/ 姫路/京都/新門前/滋賀/彦根/奈良/ 和歌山
  • 中国
  • 鳥取/島根/岡山/倉敷/広島/山口
  • 四国
  • 徳島/香川/愛媛/高知
  • 九州
  • 福岡/博多/佐賀/長崎/熊本/大分/ 宮崎/鹿児島/沖縄
ページの先頭へ
ページの先頭へ