国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ジュエルカフェ  パークプレイス大分店

買取専門店ジュエルカフェ パークプレイス大分店 スタッフブログ

2016年03月26日 大分県大分市 ジュエルカフェパークプレイス大分店 掛け軸お買取!!

大分、別府、由布、臼杵、津久見、杵築、日出、犬飼、三重、野津にお住いの皆様。

いつも大分ジュエルカフェパークプレイス店のブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。 

 

掛け軸

出張買取で多くのお客様から鑑定のご要望を頂く掛け軸は、お買取り価格の幅が広いです。

良い箱に入っている掛け軸は、価値の付く確率が高く、特に漆の二重箱のような場合は高価な作品である場合が多いです。

また、軸先も同様で牙軸や漆の木製であれば高価になる場合が多いです。

中国の明時代の掛け軸が約10億円で落札されたことがありましたが、ひょっとしたらそのようなお宝がまだ眠っているかもしれません。

骨董品買取で持ちこみが多いアイテムです。

 

■掛け軸の歴史

中国の北宋時代に掛物として掛軸が用いられていた。「掛けて拝する」事に用いられ、礼拝用の意味合いが強くあったと思われる。桐箱に入れると持ち運びに容易である事と、比較的複数生産が可能であったため、掛軸は仏教の仏画用にまず普及を始めた。

日本では、すでに飛鳥時代に掛軸が仏画として入ってきているが、鎌倉時代後期に禅宗の影響による水墨画の流行から掛軸も流行していった。この流行により、掛軸は「掛けて拝する」仏教仏画の世界から、花鳥風月の水墨画など独立した芸術品をさらによく見せる補完品として発達していった。

室町時代以降、「茶の湯」の席で座敷の「床の間」にも水墨画の掛軸が多く見られるようになった。千利休が掛軸の重要性を言葉にするようになると、茶を愛する人達により掛軸が爆発的に流行するようになった。来客者、季節、昼夜の時間を考慮して掛軸を取り替える習慣が生まれた。来賓時、その場面の格式などを掛軸で表現することが重要視される考え方が生まれた。真の(さらに真、行、草)、行の(さらに真、行、草)、草の(さらに行、草)などである。

江戸時代に明朝式表具が日本へ入り、文人画には文人表装などで掛軸が華やいでいった。それと同時に、表具の技術技巧が著しく発展を遂げた。また、大和錦・絵錦唐織など複雑な文様の織物が好まれ、西陣など織物産地で次々生まれていった。18世紀には、江戸を中心とする狩野派とは別軸で京都画壇が栄えた。日本画も楽しむという価値観を持った人達に支持され、掛軸もそれにつれ、芸術価値を高めていった。肉筆浮世絵で花開いた。

明治・大正期は日本画の隆盛により、掛軸もさらに大きく飛躍していった。昭和に入ると、戦争により、大きく絵画を愛でる時代背景ではなくなり、掛軸の需要も激減した。戦後、日本画の掛軸離れが著しくなっていったことと、生活の洋風化により「床の間」離れが目立ち、掛軸の愛好者数は今も大変に少ない状況が続いている。

 

査定はもちろん無料です!

女性スタッフ中心に真心込めて査定させていただきます。

査定中はドリンクサービスを行っておりますので、店内でゆっくりとおくつろぎいただきながらお待ちいただけます。ぜひお待ちしております♪☆★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 大分県大分市公園通り西2-1

パークプレイス 大分店

電話番号097-528-3070 FAX097-528-3071

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

ライン査定

お問い合わせ

現在多くのお問い合わせを頂いており、ご返信に少々お時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

宅配・出張買取エリア

  • 北海道
  • 札幌/函館
  • 東北
  • 青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
  • 関東
  • 東京/銀座/青山/神奈川/横浜/埼玉/ 千葉/茨城/栃木/群馬/山梨
  • 信越
  • 新潟/長野
  • 北陸
  • 富山/石川/金沢/福井
  • 東海
  • 愛知/名古屋/岐阜/静岡/浜松/三重/ 津
  • 近畿
  • 大阪/難波/梅田/兵庫/神戸/芦屋/ 姫路/京都/新門前/滋賀/彦根/奈良/ 和歌山
  • 中国
  • 鳥取/島根/岡山/倉敷/広島/山口
  • 四国
  • 徳島/香川/愛媛/高知
  • 九州
  • 福岡/博多/佐賀/長崎/熊本/大分/ 宮崎/鹿児島/沖縄
ページの先頭へ
ページの先頭へ