国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ジュエルカフェ  ゆめタウン久世店

買取専門店ジュエルカフェ ゆめタウン久世店 スタッフブログ

2016年03月26日 岡山県真庭市、新見市、高梁市、津山市、美咲町お買取店 ジュエルカフェゆめタウン久世店

ジュエルカフェゆめタウン久世店では洋酒のお買取も強化中です。

久世店がお買取した洋酒カミュXOです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ブランデー(ブランディ、 brandy )は、果実酒からつくった蒸留酒の総称です。語源はオランダ語の「焼いたワイン」を意味する brandewijn からきています。明治時代の辞書『袖珍獨和新辭林』によれば葡萄地酒と訳されています。

 

主に白ブドウのワインを蒸留して樽に入れ、熟成して製造します。単にブランデーと言った場合は通常ブドウが原料のワインを蒸留して作られたものを指しますが、リンゴから作ったアップル・ブランデーやサクランボから作ったチェリー・ブランデーも存在します。アルコール度数は40度弱から50度程度であるノルウェー語で brandeviin「焼いたワイン」の意)と呼ばれていたものが、オランダ語の brandewijn([brɑndəwɛin] ブランダウェイン)となり、これが英語 で brandy-wine になり、いつしか wine が取れ brandy([ˈbrændi] ブランディ)となって広まったものです。

 

飲み方として最も知られているのは、ストレートです。ブランデーグラスに、室温のブランデーを少量入れて、香りとともに味わいます。適度に温度が上がると香りが立つので、グラスの底を手のひらで包み込むようにして揺らし、手の体温で温めながら飲むのが一般的な飲み方です。

また、最初にごく少量のブランデーを注いでグラスの内側を薄く濡らすようにしてからマッチの火でアルコールを飛ばし、そこにあらためて少量のブランデーを注いで飲む方法がありますが、これはあくまで目を楽しませる演出の一種と考えていいでしょう。

オン・ザ・ロックなど、冷やして飲むのは香りを立たなくしてしまうため推奨されていません。特に、上質のブランデーに氷を入れる行為は味の分からない人と取られることがあります。水割りは、アメリカでは一般的に行われるが(特に、酒に弱い女性などが水割りで飲む傾向があり、ウイスキーの水割りより、上品な飲み物とされています。)、フランスを始めとするヨーロッパやロシアなどでは基本的に水で薄めて飲むと言う事が無いため奇異に映るそうです。また、ソーダ割りで飲まれることもあrますが、これはあくまで安物に限っての行為です(欧米、特にヨーロッパでは、ブランデーに限らず、上質の蒸留酒はストレートで、安物の蒸留酒はソーダ割り、もしくはカクテルに使うのが一般的です)。英国ではソーダ割りでブランデーを楽しむことも、王侯貴族の、後には知識人のステイタスだったそうです。

なお、ブランデーはステーキなど肉料理のフランベにも使われるほか、洋菓子材料として香り付けに用いられることもあります。料理が美味しくなりますね。

カミュの他にも洋酒のお買取をしてます。

      棚の奥にしまったままの洋酒はありませんか?

       飲まれない洋酒は是非ジュエルカフェまで…

  詳しくはジュエルカフェスタッフまでお気軽にお問い合せください。

ジュエルカフェゆめタウン久世店

TEL 0867-42-7377

FAX 0867-42-7378

ご来店をお待ちしております。  

スマホで簡単査定

ライン査定

お問い合わせ

現在多くのお問い合わせを頂いており、ご返信に少々お時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

宅配・出張買取エリア

  • 北海道
  • 札幌/函館
  • 東北
  • 青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
  • 関東
  • 東京/銀座/青山/神奈川/横浜/埼玉/ 千葉/茨城/栃木/群馬/山梨
  • 信越
  • 新潟/長野
  • 北陸
  • 富山/石川/金沢/福井
  • 東海
  • 愛知/名古屋/岐阜/静岡/浜松/三重/ 津
  • 近畿
  • 大阪/難波/梅田/兵庫/神戸/芦屋/ 姫路/京都/新門前/滋賀/彦根/奈良/ 和歌山
  • 中国
  • 鳥取/島根/岡山/倉敷/広島/山口
  • 四国
  • 徳島/香川/愛媛/高知
  • 九州
  • 福岡/博多/佐賀/長崎/熊本/大分/ 宮崎/鹿児島/沖縄
ページの先頭へ
ページの先頭へ