国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

フジグラン重信店

【愛媛県 東温市】ダイヤモンドに高値がつく秘訣

2018年3月23日

ダイヤモンドについて

 

今日はダイヤモンドについてお話しようと思います。

ダイヤモンドは類い稀な輝きを放ち、地球上で最も硬い鉱物と言われています。

人類最初の婚約指輪は、古代ローマ時代といわれています。

恋人同士の愛の証として鉄の輪をはめたものだそうです。

1456年、ダイヤモンドの研磨に成功してからは、ダイヤモンドつきの婚約指輪が王家の習慣となりました。

時代とともにデザインを変えてゆき、

一般の人たちにも普及したのはプラチナのリングにブリリアントカットのダイヤモンドを支えた

ティファニー・セッティングが登場した19世紀頃です。

日本に婚約指輪が普及したのは1960年代頃だそうです。

婚約指輪の取得率は67%になった1970年代でもダイヤモンドの婚約指輪は16%と少ない物でした。

ダイヤモンドの普及率が高くなったのは70年代からはじまったデ・ビアスが日本に対して行ったキャンペーン、

「お給料の3か月分」のキャッチコピー見事に成功し、

1982年には、婚約指輪の取得率は79%のうちダイヤモンドの指輪は70%を占めていました。

 

ダイヤモンドの査定において、欠かせないものは4Cと呼ばれる希少価値の基準です!

 


☆CARAT☆

カラット。カラットは大きさを表す基準ですが、直径などの大きさではなく、重量を示します。大きなダイヤモンドほど強い輝きを放ち、大きいほど高値になる傾向があります。


☆COLOR☆

カラー。ダイヤモンドの色味を表します。無色透明なほど評価が高いと言われ、黄色が強くなればなる程、評価は低くなります。23段階になっての評価とされています。


☆CLARITY☆

クラリティ。ダイヤモンドに含まれる内包物の割合やキズなどの評価を表します。ダイヤモンドの鑑定機関では、10倍以上の顕微鏡で査定し、評価を付けているそうです。11段階に分かれており、傷の有無等を見極めてあります。


☆CUT☆

カット。唯一、人の手によって作られる要素です。優れたカットのものほど輝きが強く、美しい輝きを放つと言われています。5段階に分かれています。

 

 

上記に記載した4C以外にも、ダイヤを評価する要素は幾つかあります。

 

ダイヤモンドの高額査定ポイント
①鑑定書がある
②1ct以上
③無色透明
④内包物が少ない
⑤カットが良い


お持ちのダイヤモンドの金額が気になられた方は、ジュエルカフェまでお持ち下さい!

 

ダイヤモンドの買取ならジュエルカフェにお任せ下さい。

ジュエルカフェではこれまでの実績や経験を活かして査定スタッフの鑑定能力を養っております。
誠実で安定したサービスがご提供できるような研修、教育体制が整備されています。
このため、真贋やコンディションなどをしっかりと鑑定することができ、
お客様のご納得の価格でお買取が可能となっております。
もちろん、査定は無料となっております。お気軽にご来店下さいませ。
 
 
 

ジュエルカフェ重信店の店舗情報はこちらから

ページの先頭へ
ページの先頭へ