国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

エミフルMASAKI店

【愛媛県・松前町で貴金属買取】メッキだからと捨てないで!金製品が見つかるかも?

2018年12月26日

こんにちは!!

 

松前町のジュエルカフェ、エミフルMASAKI店です。

 

もう今年もあと少しですね。

ぼちぼち、片付けを始めている方も多いようです。

「大掃除」「終活」で出てきた様々な不要品をお持ちくださるケースが増えています。

 

よくあるのが、「たんすにあったの」とか、「おばあちゃんからもらって……」と、

巾着袋やクッキーの空き缶などにどっさりアクセサリー類を入れてお持ちくださる方。

 

「こんなの持ってきて恥ずかしい」「ごめんなさい」などとおっしゃる方もいらっしゃいますが、

  と・と・と・と・とんでもない!!!!

喜んで、拝見しております。

 

大部分はメッキ、というパターンも多いのですが、中にこっそり、

金やプラチナが混じっていることも、本当によくあるのです。

 

 

「金純」、日の丸マーク、ひし形の中に「1000」の刻印。

これぞまさに、「純金」なんですね!!!

 

お客様も大喜びの高額買取となりました♪

 

それでは、「メッキと本物って、どうちがうの?」「高額になるアクセサリーって?」

という、お客様からよくご質問いただく点について、以下でご説明いたします。

 

 

これって本物?高額買取につながるアクセサリーの特徴は?

 

●K24、純金

 

先に紹介しました、「純金」「金純」のマーク、1000の刻印。

それ以外には、代表的なのはやはりK24刻印です。

1000に近いということで、インゴット(のべ棒)やコイン類には、

999.9という刻印がある場合も多いです。

FINE GOLDと示されている場合もあります。

アジア金ですと、千金、千足金、などという漢字刻印も。

 

●K18、Pt、Pm

 

ジュエリーでよく見かけるのは、K18刻印ですね!  千分率で表すと、750です。

イタリアのジュエリーなどでは、刻印がわかりづらい場合があります。

そんな場合、ITALYという刻印があれば、信用度が増します。

ファッションの聖地である、イタリアの製品であれば、高価買取の可能性大。

 

Pt1000、Pt950、Pt900、Pt850、などはプラチナ。

古いリングなどには、「Pt」のみ、「Pm」のみ、というものも多いのですが、

ほぼほぼプラチナで大丈夫。目利きのスタッフが査定いたします。

 

●メッキかな?と思ったら

 

専門家でなくても、簡単に見分けられる方法として、

以下の2例が挙げられます。

 

・磁石反応を見る

 磁石を近づけてみて、引き合う力があるようなら、

 金やプラチナはごく薄く被せてあるだけで、鉄が含有されている場合があります。

 ただ、ご家庭にある磁石は磁力が弱いので、いちがいには判定できません。

 

・ルーペで見る

 色や、照り、輝きをよく見てみてください。

 古いものですと、メッキなら、劣化して剥がれているところが見つかります。

 赤茶けた変色は、むしろ本物の金の可能性大。

 

 

まとめ アジア金をお売りになるなら、ジュエルカフェエミフルMASAKI店にぜひおまかせを

 

色々とご説明いたしましたが、手っ取り早いのは、

全部お持ちになったうえで、店頭で丸投げ方式♪

スタッフが詳しく拝見し、できるだけ高価になるよう査定いたします。

 

ジュエリーでなくても、歯科用素材、蒸着用素材の金、

ご不要の金歯、メガネのフレーム、時計の裏蓋など……

金ならなんでも、大歓迎♪

お客様のお越しを、お待ちしております。

 

ジュエルカフェエミフルMASAKI店の店舗情報はこちらから

ページの先頭へ
ページの先頭へ