国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

フジ東予店

【愛媛県西条市 松山市 今治市 新居浜市で金券買取】切手お買取いたします!

2020年5月19日

こんにちは!  村上作成

愛媛県西条市のジュエリー・ブランド買取専門店ジュエルカフェフジ東予店です。

ブログをご覧下さり、ありがとうございます。

 

 

ジュエルカフェでは、切手もお買取しております。

日本の普通切手や記念切手、中国切手、額面やシート・バラを問わずお買取致します。

未使用品なら、1枚でも大量でも大歓迎です。

 

 

切手の豆知識:デザインはどのようにして決められているの?

切手・葉書室

日本郵便株式会社の本社に、切手・葉書室という部署があります。

その部署で、日本で発行される普通切手や記念切手のほか、年賀はがきやかもめーる、消印などのあらゆるデザインを

手がけています。

切手デザイナー

切手・葉書室で切手のデザインに関わる人たちを切手デザイナーといいます。

現在は8人で。一年に発行される約50種類、券種で約500種類もの切手を、企画や取材、作画、審査やコンペ、

図柄考証などを経て世に送り出しています。

図柄の決定

記念切手は大きな行事やイベントのスケジュールを元に、記念切手を発行するにふさわしいものが各省庁から

リストアップされ、それぞれの事務方やプランナー、切手デザイナーらで審査の上決定されます。

その後に行事やイベントの詳細を取材などを交え、コンセプトの方向性を決めます。

そして図案の作画ができた時点で、さらに会議で検討します。

また図案が本当に正確なものかどうかを専門家に見てもらい、最終的に図案が決定されます。

 

お買取できない切手

●消印が押されているもの(使用済み切手)

切手は水につけておくとはがすことが出来ます。

切手はお金の代わりなので、再度使用出来ないように消印を押すそうです。

●切手の裏にのりがないもの

水濡れや経年劣化により裏面ののりなくなってしまったもの、紙に貼ってしまったものや

紙からはがしたものは、のりなしになります。

●破れや剥がれがあるもの

少しでも破れているものや、表面が剥げているものはお買取できません。

額面金額に注意

額面が50+10のように書かれている切手は寄付金付切手と呼ばれ、+の後の額が寄付金となり額面に含まれません。

官製はがき、年賀はがき等にも寄付金が付けられています。

平成19年度に発表された前年の寄付金は、総額19.9億円を347件の団体などに配分されたそうです。

 

まとめ 切手の買取ならジュエルカフェフジ東予店にお任せ下さい!

ジュエルカフェでは、切手買取強化中です。

未使用品なら、1枚でも大量でも喜んでお買取させていただきます。

面倒な仕分けの必要はありません。

そのままお持ち下さい

皆様のご来店・お問い合わせをお待ちしております。

 

 

 

ジュエルカフェフジ東予店の店舗情報はこちらから

ページの先頭へ
ページの先頭へ