国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ゆめタウン宗像店

【福岡県宗像市ブランド買取】フェンディを売るならジュエルカフェゆめタウン宗像店へ!

2020年7月30日

福岡県福津市、遠賀郡、宗像市のブランド、時計、貴金属買取店のジュエルカフェゆめタウン宗像店です。

当店ではただいまフェンディ買取強化中です!

今回はフェンディについて、高く売るポイントについてもご紹介させて頂きますので是非最後までお付き合い下さい。

 

フェンディとは?

1925年、イタリアのローマで若き革職人であったエドアルド・フェンディとアデーレ・フェンディによって創業。

1926年にはローマ貴族階級が集うプレビシート通りにバッグと毛皮専門のアトリエを併設した1号店をオープンし、当時ハリウッドで流行していた毛皮のショールに注目して毛皮のコートを売り出した事で大成功を収めました。

1965年にはシャネルのデザイナーとしても有名なデザイナーだったカール・ラガーフェルドを迎え入れ、それまでの毛皮のイメージを一新するような技法を使い、フェンディは今までの常識を打ち破る革新的なアイコンを続々と登場させ更に人気を博しました。

フェンディの特徴として、幅広いファッションアイテムを提案していることが挙げられます。

バッグや靴、服、サングラスや腕時計等どれも人気があって多くの人々に親しまれておりシンプルで落ち着いたデザインも人気の理由です。

 

 

フェンディ買取ランキング!

★3位:バケット

1997年にスタイルオフィス・ディレクターのシルヴィア・ベントゥリーニ・フェンディが発表した「バゲット」は、その可愛らしさから女性の人気を集め一大ブームになりました。名称はフランスパン(バゲット)を小脇に抱えているかのように見える事から名付けられ、約600種類がリリースされている人気のモデル。

★2位:ピーカブー

ピーカブーとは英語で「いない、いない、ばぁ!」を意味しています。

その名の通りバッグの口を開けると外側とは異なる表情のライニングが現れ、荷物が沢山入り普段使いでも役に立つ人気モデルとなっております。

カジュアルさとエレガントさをカねそろえた人気モデルで、フェンディ買取で二番目にお持ち込みの多いアイテムです。

★1位:ズッカ柄

アルファベットのFが2つ逆の上下に重なり合うようにデザインされたモノグラムをあしらったズッカ柄はフェンディの定番ラインです。

元々はコートや羊のバッグの裏地として使われていたダブルFにカール・ラガーフェルドが目を付け表地として使う事を提案し、それが現在に至るまでフェンディの代表的なデザインとなるズッカ柄の始まりでした。

 

 

ブランドバッグを高く売るポイントは?

★付属品はお持ちですか?

購入時についてくる箱、保存袋、ギャランティカード等の付属品も一緒にお持ち頂くとその分査定額もアップします!

勿論付属品がなくても買取可能ですが、付属品がある時と比べるとやはり金額は下がってしまいます…。

★使わないと思った時が売り時です!

ブランド品はどんどん新作が出るので、購入して年数が経つと市場価格も下がる傾向があります。

使わないからといってタンスの肥やしにしているといざ売ろうと思った時にはもう売れない可能性も出てくるかもしれません。

不要になった際は是非お早めにお持ち込み下さいね!

★簡単にお手入れをして下さい!

長く使っているとバッグの中に埃や髪の毛が溜まりやすくなり、外側にも汚れがつきやすくなります。

そのままの状態でお持ち込みされると第一印象で見栄えが悪くなり、コンディションランクが下がる可能性があります。

簡単に汚れを取り除くだけで良い印象に変える事も出来ますので、お持ち込みの際は是非お手入れしてからお持ち込み下さいね^^

 

 

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う防止策

ジュエルカフェゆめタウン宗像店では、お客様に安心してご利用頂けるよう安全面、衛生面の徹底を行っております。

■受付ブースに飛沫感染防止用の仕切りシートを設置

■お客様の触れる可能性の高い部分を接客ごとに除菌・清掃

スタッフもマスク着用をし、体温管理、うがい手洗い等安全対策を行っていますので是非安心してご来店下さいませ。

 

 

ジュエルカフェゆめタウン宗像店の店舗情報はこちらから

 

 

 

福岡県のジュエルカフェ

最新記事

ブログ内検索

以前の記事

ページの先頭へ
ページの先頭へ