国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

スマーク伊勢崎店

【群馬県・伊勢崎市でシャネル買取】シャネル マトラッセ チェーンバッグお買取しました!!【ブランド バッグ 買取】

2020年9月15日

 

皆様こんにちは!

群馬県・伊勢崎市のジュエリー・ブランド買取専門店ジュエルカフェスマーク伊勢崎店です。

当店のブログをご覧頂きありがとうございます!

 

天候が崩れやすい日が続いており、気温差も出てきましたが皆様体調は崩されていませんか?

ジュエルカフェスマーク伊勢崎店では、お客様に安心してご利用して頂く為に消毒やビニールカーテンの設置等、出来る限りの新型コロナウイルス対策を実施し皆さまのお越しをお待ちしております。 → → → 【実施中のコロナ対策はこちら】

 

今回は、先日お買取しましたシャネルのバッグについてご紹介致します。

シャネル高価買取のポイントもお教えしますので、ぜひ最後までお読み下さいませ♪

 

 

こちらは、先日当店でお買取させて頂いた《シャネル マトラッセ チェーンバッグ》です!

今回はこのシャネル マトラッセ トートバッグについてと、シャネルを高く売るためのポイントをいくつかお話させて頂きます!

 

シャネルの歴史

シャネルの創業者、ココ・シャネル(本名:ガブリエル・ボヌール・シャネル)は1883年にフランス南西部オーヴェルニュ地方で生まれました。シャネルは孤児院や修道院で育ち、そこで洋裁を教わり技術を身につけたのです。

シャネルは18歳になると歌手を目指してナイトクラブで働き始めました。その美貌はたちまち話題になり、「ココ」という愛称で呼ばれ人気者になりました。これが「ココ・シャネル」と呼ばれる所以だとされています。しかし20歳になっても歌手としての芽がなかなか出ず、当時付き合っていた将校バルサンの奨めによって1909年にパリで帽子のアトリエを開店しました。

その後バルサンとは別れてしまいましたが、ナイトクラブ時代に出会った青年実業家カペルと交際を開始。そして1910年、バルサンとカペルが資金援助を行い、帽子専門店である「シャネル・モード」をパリのカンボン通りで新たに開店しました。

「シャネル・モード」は、シンプルなデザイン性の高い帽子で人気を博し事業は大成功しました。

シャネルの示したファッション哲学は、女性の社会進出のシンボルとなり一躍大企業へと成長を遂げましたが、第2次世界大戦でブティックは閉鎖。

そして大戦終了後の1954年、シャネルは70歳過ぎでブティックを再開しました。実用的な服が好まれていたアメリカでは、マリリン・モンローなどの影響でシャネルの評価が高まってブランドは再興し、その後も革新的なアイテムを続々と世に送り出してきました。

日本では、1995年頃には歴史上最もシャネルの人気があった時代で『シャネラー』と呼ばれる大旋風が起きました。誕生から100年以上経過してもシャネルの魅力は衰えず、現在でも多くの人を魅了するブランドとして不動の地位を確立しています。

 

マトラッセとは?

マトラッセは1929年に誕生し、シャネルのブランドアイコンでもある定番中の定番です。「MATELASSE」と表記され、フランス語でキルティング素材を表します。

表裏2枚の生地を別糸で接合したように織っており、表と裏が縫い合わされた部分はへこみ、その他の部分は膨らむ造詣によって美しい模様が出来上がります。日本では「ふくれ織」と言われています。

もともとは素材をしっかり固定するという縫い方でしたが、後にシャネルに利用されることによってデザインとしての良さにも注目されています。

また、シャネルではキルティング素材が使用されていない時計・サングラスなどの雑貨もマトラッセとして含まれており、「ダイヤ型で格子状」のデザイン全般をマトラッセと呼んでいます。

 

シャネルのラインって?

●マトラッセ買取ランキング1位

シャネルバッグの始まりこそがマトラッセ(フランス語でキルティングという意味)であり、ブランドアイコンでもある定番中の定番です。ひし形状にキルティング加工されたデザインは、いつでも自由に両手を使えるようにと考案された女性用ショルダーバッグの起源であり象徴でもあります。シャネルの「マトラッセ」は、日本語でふくれ織りを意味しています。マトラッセは正式には生地の名称です。

 

●チョコバーシャネル チョコバー

名前の通り、板チョコのように四角く格子状にキルティング加工がされたラインです。特徴としていうとエナメル素材になります。もちろんマットなラムスキンを使ったモデルも多く出ていますが、イメージ的にはエナメル素材のというのが強いです。

 

●VスティッチシャネルVステッチ

V字型にキルティング加工されたデザインです。フラップとボディがきれいに重なるように計算され、流れるような美しいラインを描いています。

 

●カンボンライン買取ランキング2位

シャネル・モードをオープンしたシャネル発祥の地、パリのカンボン通りに由来しています。中央ではなくあえて端にCCのロゴマークを大胆に配置してあるのが特徴的です。

 

●カメリア

ココ・シャネルが生前最も愛した花がカメリアです。最愛の人だと言われているカペルから贈られた花だからだそうで、そのカメリアの花を全面に配置したラインになります。

 

●ドーヴィルライン買取ランキング3位

数々のセレブが愛用し、気軽に持てるシャネルの大人気カジュアルラインです。フランスにある有名なリゾート地が由来となっています。エナメルやレザーが多いバッグのラインの中で、ドーヴィルはキャンバス地で出来ておりカジュアルで使いやすいものとなっています。サイズやカラーの展開も数多く存在します♪

 

●スポーツラインシャネルスポーツライン

カジュアル&スポーティで絶大な人気を誇るラインです。ナイロン素材で扱いやすく、カジュアルながらも高級感溢れています。

 

上記以外にも

●アイコン

●ボーイシャネル

●ニュートラベル

●エグゼクティブ

●タイムレス クラシック

●ブリリアント

●マドモアゼル

●エッセンシャル

●コココクーン

●ラグジュアリー

●ワイルドステッチ

●ココボタン

など様々なラインが存在します。

 

シャネルを高く売るポイントは?

箱、保存袋、ギャランティーカード付属品はお持ちですか?

購入した際に付属してきた箱や袋は捨てずに持っていましょう。付属品は一緒にお持ち頂くと高額査定へのポイントアップです!もちろん付属品が無くてもお買取させて頂きます!!

 

傷や汚れはありますか?

大事に使っていてもシミ・汚れ・革の傷・擦れなどはどうしても出てきてしまうものです。一度も使っていない場合でも湿気の多い場所にしまったままだと劣化が進み内側の革がはがれてべた付いたり、カビが生えてしまったりしまいます。そういった点は査定時のマイナスポイントとなってしまいます。出来る範囲で拭いて綺麗にしてからお持ち下さい。

 

使わずに眠らせたままにしているならお早めに!

ブランド品や時計は一般的に新しい物ほど高くお買取されるものです。

普段身につけずにしまっているだけでも経年劣化や流行の移り変わりによってどんどん価値が下がってしまうこともあります。

使わないと思ったら出来るだけ早くお持ちいただくことをおすすめ致します!

 

壊れていたりボロボロでも大丈夫?

●金具が壊れて使えない

●汚れや型崩れがひどい

●革部分がボロボロになってしまった

上記の様な状態だとお買取しないお店もあるようです。

 

ジュエルカフェならこのようなお品物でも大歓迎!1点1点しっかりと査定させて頂きます。他店で1度断られたブランド品でも、お気軽にジュエルカフェスマーク伊勢崎店にお持ちください。

 

これまで当店でお買取させて頂いたシャネルはこちら♪

 

【群馬県・伊勢崎市でブランド買取】シャネルカンボンライントートバッグお買取しました!!

 

【群馬県・伊勢崎市でブランド買取】シャネル チェーンウォレット[A48654]をお買取しました!!!

 

【群馬県・伊勢崎市でシャネル買取】CHANEL キャビアスキン ラウンドファスナー長財布 《A13228》をお買取しました!!【ブランド買取】

 

シャネルなどブランドバッグのお買取はジュエルカフェスマーク伊勢崎店にお任せください!!

もちろん貴金属時計金券などもお買取させて頂いております!ジュエルカフェでは2回目以降のご利用がお得になるリピーター様特典も沢山ご用意しておりますので、1点からでもお気軽にお持ち下さいませ♪

「これは買取してるの?」という物がありましたら、お気軽にジュエルカフェスマーク伊勢崎店までお問い合わせ下さいませ!!

もちろんシャネル以外にもルイヴィトングッチエルメスなど他のブランドバッグでも大歓迎です!

 

当店ではTポイントも貯まります!!

貴金属・ブランド・時計に限り、買取金額に応じてTポイントも更にプレゼント致します♪

※金券等は対象外  ※200円で1ポイント

9月限定キャンペーン実施中!

現在、ご成約頂いたお客様を対象とした『Tポイント10倍クーポン』のプレゼントキャンペーンを実施しています。

詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい♪

 

スマーク伊勢崎3階  コジマ×ビックカメラ隣

『ジュエルカフェスマーク伊勢崎店』にて皆様のお越しを心よりお待ちしております♪

 

ジュエルカフェスマーク伊勢崎店の店舗情報はこちらから

 

ページの先頭へ
ページの先頭へ