国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

平塚店

【神奈川県平塚市・茅ヶ崎市・寒川町でブランド品高価買取】シャネル バッグを少しでも高く売りたい!劣化する前に急いでください!

2020年9月16日

こんにちは、神奈川県平塚市で貴金属・宝石ジュエリー・ブランド・時計・商品券・切手・ハガキの買取専門店、ジュエルカフェ平塚店です。

 

今回は先日お買取させて頂いた シャネル ドーヴィルトートバッグ のご紹介です!

10年ほど前にインターネットで購入されたお品物だそうですが、お引越しのため手放すことを決めたそうです。
ネットクーポンもご持参で、出来る限り頑張らせて頂けました!

 


シャネル

誰もが知ってるハイブランド「シャネル」ですがどんなブランドなのかご紹介致します!

ブランドの始まり

1909年、ガブリエル・シャネルが設立したのがシャネルです。
フランスのラグジュアリーブランドで、ウェア、シューズ、ジュエリー、バッグ、財布、時計などのアクセサリー、コスメまで幅広く展開しています。シャネルの打ち出すファッションは、モノトーンな色が中心ですがそれは修道院で黒などべーシックな服を着用していたからと言われています。
1905年、踊り子(歌手)を目指しキャバレーで歌う仕事に就きましたが、美しさも兼ね備えたシャネルは、店の人気者となりミドルネーム「ココ」と呼ばれて親しまれていました。これがココ・シャネル(CC)の由来で、有名なモノグラムに繋がっています。
バッグや財布などの小物類だけではなく、ウェアではツイード素材を使ったアイテムがブランドのシグネチャーとなっていて香水のラインを増やしています。香水では「NO.5」が最も有名で世界の香水ベストセラーです。「シャネルのエスプリ」のキャッチフレーズで有名な、「ココ」、その他「アリュール」、「ココ・マドモアゼル」、「チャンス」など現在でも人気の香水を発売しておりコスメブランドとしても確立しています。

キャンバス地が特徴の「ドーヴィル」

ドーヴィルはフランスのリゾート地の名前で、シャネル「ドーヴィル」は「リゾートで持てるバッグ」をコンセプトに、2012年に誕生しました。
シャネル「ドーヴィル」はキャンバス地を特徴にしています。レザーは水濡れ厳禁でリゾート地に持っていくなど考えられませんが、キャンバス地なら気兼ねなくビーチに持ち込むことができます。多くの荷物を詰め込むことができ、いろいろなものを持ち歩く必要がある女性に人気のバッグとなりました。
「CHANEL」の文字、「CC」のマークの下に「31 RUE CAMBON PARIS」と、シャネルが初めて店を出した住所がデザインされているのが、シャネル「ドーヴィル」の特徴です。プリントではなく生地に浮かび上がるようジャガード織で記されているのもオシャレで人気の理由となっています。
サイズ展開も4種類あり用途や目的に合わせてお使い頂けます。


ブランド品を高く売るポイント

せっかく買ったブランド品、どうせ手放すなら少しでも高く売りたいですよね。

売るときはどんなところを見られるのか?買取店が教えます!

デザイン


バッグのデザイン、色、素材などによって、金額が変わってきます。人気のデザイン、人気の色などであればお買取価格もUPできるかもしれません。

保管状況


デザインに加えて大切なのは、商品の状態です。もちろんボロボロのものでもお買取できるものは沢山あるのですが、この状態によっては同じデザインでもかなり金額が変わってきますので、ご売却を考えているバッグは乾燥剤を入れたり急速な劣化に注意しましょう。
「ずいぶんと使っていないし、売ってしまおう」と思い立った際に、バッグの型が崩れてしまっていては評価も下がってしまいます!保管される際にはしっかりと型が崩れないようにアンコを詰めておくと◎です!

付属品


ロレックスやオメガなど時計関係のブログ記事でも度々お話しておりますが、ロレックスのお買取時に付属品の有無が査定額に影響してくるように、ブランド品のお買取でも付属品はとても大切です。箱や保存袋、ギャランティーカードなど、購入時についてきた付属品がご自宅にあれば、是非併せてご持参ください!

ブランド品のお買取はジュエルカフェ平塚店にお任せ!

いかがでしたでしょうか?ジュエルカフェ平塚店では現在、受付時にこちらのブログ画面をとスタッフにご提示くださり、ヴィトン・エルメス・シャネル・プラダのバッグをご持参くださったお客様のお見積もり金額10%UPキャンペーンを実施中です!

Tポイント付与等の他店にはない嬉しいお得なサービスも実施中です。皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます!(上)

 

ジュエルカフェ平塚店の店舗情報はこちら

神奈川県のジュエルカフェ

最新記事

ブログ内検索

以前の記事

ページの先頭へ
ページの先頭へ