国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

MEGAドン・キホーテUNY鈴鹿店

【三重県鈴鹿市切手買取強化!】切手売るならぜひ買取専門店ジュエルカフェをご利用ください!!

2019年5月25日

皆様、こんにちは!

いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。

三重県 鈴鹿市・四日市市・津市など近隣の方も必見です。

使わなくなった切手を売れることはご存知ですか?

 

段々時代が進みアナログからデジタルに移り行く世の中で使用する機会が少なくなりつつあると思います。

当店では、余ってしまい使わなくなった切手、ハガキなどお買取しています!

 

切手の存在は勿論知っていても、その歴史は長く深くあり、日本で初めて発行された切手もご存知ない方もいるかもしれません。なのでこれを機会に少し、切手について知っていこうと思います♪

●切手の歴史

切手には一般的にハガキや封筒などの郵便で行なわれる諸々サービスの、料金前納を証明する少子として扱われます。

郵便切手とも呼ばれ、宣伝媒体として用いられたり、趣味の収集対象となったりと用途も多くあります。

 

「切手」という名称はもともと持参人に商事された商品を引き渡す一種の商品券を意味するもので、当初は「切符手形」と称していたのですが、その後略されて切手とされるようになったそうです。

 

 

さて、皆様が気になっていた日本最初の切手は・・・・・ドンッ!!

 

日本で最初に発行された切手は「竜門切手」で明治4年(1871年)4月20日に発行され、48文、100文、200文、500文の4種類があります。

 

当時はまだ通貨改革が行なわれていなかったため、江戸時代通貨の額面表示でした。翌年に、単位が「銭」になり、竜銭切手と言われるようになり、これらをまとめて「竜切手」と呼称されるようです。

日本の主な切手の種類をざっくり紹介します。

・普通切手

・グリーティング切手

・写真付き切手・フレーム切手

・ふるさと切手

・記念特殊切手

・寄付金付き切手

・電子郵便切手

・在外国局切手

・軍事切手

・航空切手

・etc …

意外と沢山あるんですね・・・!ここまで多くあったとは正直驚きです。他にもまだまだ沢山あり詳しく知りたい方はまたご自身でお調べ下さいませ♪

 

●どんな切手が買取れる?

買取基準としては、破れている、角が欠けている、裏面ノリなし、消印ありなどはお買取出来ないため、予めご了承の程よろしくお願いします。

●改装中も営業しています!

ジュエルカフェはアピタ館改装中も営業しております。

アピタ改装中の営業時間:10時~18時

只今、「ブログ見たよ」とお声かけ頂くと、ブランド・時計・貴金属10%UPしております。

ぜひお持ち込みくださいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

ジュエルカフェアピタ鈴鹿店の店舗情報はこちらから

ページの先頭へ
ページの先頭へ