国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

2018年07月の記事一覧

【宮城県・多賀城市でダイヤモンド買取】ダイヤモンドジュエリーを高く売るには? 2018年7月21日

宮城県多賀城市のジュエリー買取専門店ジュエルカフェイオン多賀城店です!

こちらは先日、当店にお持込み頂き、お買取させて頂きましたダイヤモンドジュエリーです。

 

 

ダイヤモンドの起源は、7~8世紀頃のインドで、当時は川の中の硬い石としての認識しかなく、川原に転がっているただの石でした。宝石としての価値を持ち始めたのは、15世紀にベルギーで硬いダイヤはダイヤで磨きカットの研究が行われるようになってからでした。

名称も、アダント(聖書から)→デイアマンテ→ダイヤモンドと変化しました。

 

【ダイヤモンドの基準となる4Cとは?】

ダイヤモンドの基準としてGIA(アメリカ宝石学協会)が思案したもので、4項目から構成されている所謂、鑑定書に記載されているグレードの事です。下記に4項目を記したものがございます。

 

①カラット(重さ)

カラットは大きさではなく、重さを表す単位で、1ctは0.2gで約6mmです。

②カラー(色)

無色透明なほど高評価されますが、実際は完全に無色透明は基準値がD、E、Fで他はわずかですが、黄色を帯びており、G、H、I、J、K、L、M、N・・・・Zと23段階のグレードに分けられます。

③クラリティ(透明度)

キズや内包物の状態で評価が決まります。最高評価はFLで、以下11段階のグレードに分けられます。

④カット(研磨)

他の①~③と違い人の技術によって初めてダイヤモンドが輝きを発揮する工程です。グレードは、5段階の評価からなり、Excellent(エクセレント)、VeryGood(ベリーグッド)、Good(グッド)、Fair(フェアー)、Poor(プアー)とされています。

 

※4C評価は、鑑定書のみに記載されているグレードであり、鑑別書や保証書とは全く異なります。

 

【ダイヤモンドを高く売るには?】

・鑑定書は、お持ちですか?

・キズや欠けて無い物

・使用頻度の少なく保管状態の良い物

 

また、ジュエルカフェイオン多賀城店では、鑑定書が無くても、ルース(ダイヤモンドのみ)でも0.1ctからお買取致しております!!

只今、ジュエルカフェイオン多賀城店では8月末まで、ダイヤモンド買取20%UPキャンペーンを行っております。暑い日が続いておりますが、思い切ってこのチャンスにダイヤモンドを売却してみませんか!!

 

ジュエルカフェイオン多賀城店の店舗情報はこちらから

 

ページの先頭へ
ページの先頭へ