国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

イオン上田店

【上田市・東御市で金の買取はジュエルカフェへ】金・貴金属・金貨を高価買取中です!!

2020年7月1日

長野県上田市のジュエリー・ブランド買取専門店 ジュエルカフェイオン上田店です!

上田市の皆様はもちろん、千曲市や東御市の皆様にもご利用頂いております☆

 

皆様、本物の金貨をご覧になったことはありますか?

子供の頃、物語に出てくる金貨に憧れたことってありませんか?

…海賊が金貨を奪って…

…王様は山のような金貨を渡し…お姫様は…

そんな感じで登場する金貨は、眩しくてキラキラする宝物として

私には現実とはかけ離れた夢の世界のものでした。

 

日本人にはあまり馴染みのない金貨。

実は、海外では貨幣として古くから使用されていて、

今はコレクターアイテムとしても、投資対象としても人気があるのです!

 

ジュエルカフェ 上田店にも金貨のお持ち込みは多くあります。

先日は「2006 FIFA ワールドカップドイツ大会 公式記念コイン」をお買取させて頂きました!

↓コチラがその金貨です☆

4枚の金貨のうち、3枚はK24の純金金貨です。

ドイツ、フランス、メキシコ、南アフリカのそれぞれの国が発行し、

特徴ある美しい金貨です☆

そこで、今回のブログでは金貨についてご紹介します。

 

金貨について

金貨は、金を素材として作られた貨幣で、銀貨・銅貨とともに、古くから世界各地で流通していました。

金は、

●美しい黄色の光沢を放ち、見栄えがいいこと

●希少性があり偽造が難しいこと

●柔らかく加工しやすいこと

●化学的に極めて安定しており、日常的な環境では錆びたり腐食したりしないこと

などの理由で、古来、世界各地で貨幣の材料として使用されてきたのです。

例えば古代ローマ時代のソリドゥス金貨などがあります。

 

純粋な金は、流通を前提とした硬貨として使用するには柔らかすぎるため、

通常は、銀や銅などの他の金属との合金が用いらます。

古代社会においては、エラクトラムと言われる、金、銀、白金などの自然合金が用いられました。

近代社会では、一般的には90%の金と10%の銀または銅の合金が用いられたりします。

また、流通を目的としない純金製の物も存在します。

今回お買取させて頂いた金貨もその一つです。

 

金貨の分類

現在発行されている金貨は次の3種類に分類されます。

通貨型金貨

金融機関において額面で両替により発売される金貨です。

額面は金地金の価格より高く設定され、補助貨幣的な性格を有します。

日本では10万円の記念硬貨(天皇陛下御在位60年記念10万円金貨)がこの形式で発売されましたが、

世界的にはほとんど例を見ません。

 

地金型金貨

含有する金地金の市場価格に若干プレミアをつけて発売され、市場価格に連動して時価取引される金貨です。

額面は金地金の価格より低く設定されます。

南アフリカ、中国、カナダおよびアメリカなど主要な産金国を中心に発売されています。

 

収集型金貨

金地金の価格および額面を超える固定価格で発売される金貨です。

額面は金地金の価格より低く設定される場合が多いです。

市場における取引価格は収集家、あるいは貨幣商の間の市場価格により決まります。

オリンピック大会など国家的な行事を記念して発売されることが多い金貨です。

 

有名な金貨

世界3大金貨

●メープルリーフ金貨(カナダ)

●ウィーン金貨(オーストリア)

●カンガルー金貨(オーストラリア)

その他の有名な金貨

●イーグル金貨(アメリカ)

●パンダ金貨(中国)

●クルーガーランド金貨(南アフリカ共和国)

 

地金型金貨の中でも”純金”をセールスポイントとして発行されたのがカナダのメープルリーフ金貨です。

1オンス貨が登場したのは1979年、そして順次発行されて5種類のサイズがあります。

 

それまで圧倒的なシェアを持っていたのは南アフリカのクルーガーランド金貨(K22)でしたが、

人種差別問題で世界から孤立したことで同金貨は衰退し、メープルリーフ金貨にその主役の座を奪われました。

その後、中国のパンダ金貨、オーストラリアのナゲット金貨(後のカンガルー金貨)や干支金貨、

オーストリアのウィーン(ハーモニー)金貨など多くの純金製の金貨が登場しました。

マン島のキャット金貨やツバルのホース金貨は、主に金貨ペンダント用などの宝飾用の素材として輸入されました。


カナダのメープルリーフ金貨、オーストリアのウィーン金貨は同じデザインで毎年発行されていますが、

オーストラリアのナゲット金貨、カンガルー金貨、干支金貨、中国のパンダ金貨、

マン島のキャット金貨やツバルのホース金貨は発行年号によりデザインを替えています。

 

 

ジュエルカフェ 上田店にお持ち込み頂く金貨で、一番多いのはメープルリーフ金貨です。

ウィーン金貨、イーグル金貨も次いでお買取が多い金貨です。

お持込み頂くお客様が一様に仰るのが、

家族が昔買ったみたいで・・、とか、お土産か貰い物みたいで家になぜかあったんです・・、など。

日本人にあまり馴染みが無い金貨が、実は身近にあったりするのです!

押入れの中から出てきたら、それは本物の金貨かもしれません☆

 

まずはジュエルカフェにご来店下さいませ^^

スタッフ一同お待ちいたしております!

 

 

金についてもっといろいろと知りたい方はコチラ!

http://www.jewel-cafe.jp/blog-nagano/archives/10309

http://www.jewel-cafe.jp/blog-nagano/archives/10061

 

 

ジュエルカフェイオン上田店の店舗情報はこちらから!

ページの先頭へ
ページの先頭へ