国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

イオン大塔SC店

【長崎県佐世保市 はがき買取】地域№1買取店ジュエルカフェイオン大塔店へ

2019年12月23日

皆様、こんにちわ!

長崎県 佐世保市・長崎市・諫早市・大村市・西海市・松浦市・平戸市・西彼杵・東彼杵・佐賀県有田町

貴金属・ブランド・時計・金券・買取専門店ジュエルカフェ イオン大塔店です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

切手・はがきのお買取ならジュエルカフェ イオン大塔店にお任せ下さい!!

 

★年賀はがきをお買取しました!!★

 

使わなくて余ってしまっていた年賀状を大量にお買取しました。

改めて使うことも出来ず、放置したままになっていたそうです。

 

★年賀状の由来と歴史★

SNSが普及した現在でも、国民1人あたり約27枚の年賀状が交わされていると言われています。

ところで、この風習はいつから始まったのでしょうか?

年賀状の歴史は古く、現存する最古の年賀状は平安時代に書かれたものだそうです。

同時に、年の初めにお世話になった人や親族の家をまわって挨拶をする年始周りの習慣も広まったといわれています。

郵便制度が開始され、郵便はがきの発行が始まると年賀状を出すことが一般的になって明治20年頃には激増していたそうです。

その後、元日に配達する年賀郵便特別扱いやお年玉付き年賀はがきの発行などをして国民的行事となりました。

 

≪豆知識≫

数年前から1等の賞品が現金になってしまったお年玉付き年賀はがきは、昭和24年12月に発行されました。

初回の特賞はミシン!その後、電気洗濯機・電子レンジ・ビデオテープレコーダーなどが賞品として用意されていました。

それから国内外の旅行や液晶テレビなど時代とともに変わっていきました。

 

 

●官製ハガキ●

今回お買取した年賀はがきも官製はがきの1つになります。

官製はがきとは、切手がすでに印刷されているもののことをいいます。

数年前の年賀はがきがご自宅に余っていませんか?

増税の影響で額面が変わってしまって使いにくくなったはがきがご自宅に眠っていませんか?

ジュエルカフェで イオン大塔店では、大量持込みはもちろんのこと1枚から、また書き損じのものもお買取しております。

 

 

査定は無料!! ジュエルカフェ イオン大塔店へ足をお運び下さい!

 

 

 

午前9時~午後7時まで営業中!!

ご来店、心よりお待ちしております!!

 

〒857-1161

長崎県佐世保市大塔町14-2 イオン大塔SC2階

ジュエルカフェイオン大塔SC店

TEL:0956-20-0030

 

ページの先頭へ
ページの先頭へ