国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ゆめタウン久世店

【ロレックス買取 ゆめタウン久世店】ブランド時計買取店!!

2020年1月11日

岡山県真庭市、津山市、新見市、鏡野町

美咲町、久米南町など県北で

ブランド時計、ブランド品を売るなら

買取専門店ジュエルカフェゆめタウン久世店へ!!

他にも

貴金属、骨董品、

金券、テレカ、切手、はがきなど

買取しています。

 

ロレックスの始まり

ロレックスはスイスの腕時計メーカーです。

1905年

大いなる野望を抱いたひとりの青年が

ロンドンに

時計会社”ウィルスドルフ&デイビス社”を設立したことから

始まります。

その者の名はハンス・ウィルスドルフ。

当時はまだ懐中時計の時代だったにもかかわらず

将来性を完全に予想し

1907年

事務所をスイスのラ・ショー・ド・フォンに移転し

本格的に腕時計の製造を開始します。

 

腕時計として初めてのクロノメーター認定

その翌年には

自社ブランド”ロレックス”を誕生させます。

1910年に

腕時計としては初の

クロノメーターの認定を受けます。

当時としては

懐中時計に比べ

小振りな腕時計の精度にまだ疑問符が付いた時期に

このクロノメーター認定によって

腕時計の制度を立証すると同時に

ロレックスの名を

世界に広く知らしめる結果となりました。

 

ロレックス3大発明

ロレックスの腕時計の実力を確固たるものにしたのが

3つの大きな発明でした。

①1926年特許となる

オイスターケース(防水機能)

当時の技術力では考えられない防水性

気密性を誇りました。

②1933年に

特許を取得したパーペチュアル機能。

自動巻き機構とも呼ばれ

これまでの手巻き式に対する

新たなムーブメントでした。

③1945年に特許を取得したデイトジャスト

初めて搭載された日付窓

午前0時になった瞬間に

日付が変わるという特徴を持ちます。

 

3大発明が全て入ったモデル

これら3つの発明をすべて搭載した初めてのモデルがデイトジャスト

正式には「オイスター・パーペチュアル・デイトジャスト」でした。
日付窓、自動巻き、防水の機能は、

メーカーを問わずさまざまな腕時計に採用されており

まさに世界の腕時計のベースとなったモデルなのです。
初めてロレックスデイトジャストを目にしたときに、

特徴のない一般的なデザインだと感じる人も多いでしょう。
しかし、デイトジャストが「世の中にありがちな時計」なのではなく、

「世の中の多くの時計がデイトジャストを真似た」

と言ったほうが正しいのかもしれません。

 

デイトジャストの特徴

自動巻き、100m防水、ケース径36mm。

デイトジャストには

メンズ、レディース、ボーイズの3種類があります。
素材は

ステンレススチール

ステンレススチール(イエローゴールド)

ステンレススチール(ホワイトゴールド)などがあります。

ダイヤル(文字盤)は

黒、白、金、銀、青、ピンク、グリーン、茶など

非常に種類が豊富です。
ブレスには

オイスターブレスとジュビリーブレス。

風防には

サファイヤクリスタルガラスが使用されています。
ロレックスの中では

比較的手の届きやすいモデルで

多くの人が愛用しています。
ビジネスシーンや日常生活など

シンプルなデザインだからこそ

あらゆる場面にマッチするデイトジャスト。
比較的若い世代の芸能人

著名人なども多く愛用していることで知られるモデルです。

 

デイトジャスト レディース69173

堅牢で高い防水性能を保持する

「オイスターケース」

両方向回転するローターを搭載した自動巻き機構

「パーペチュアル」

午前0時付近で日付が瞬時に切り替わる

「デイトジャスト機構」

のロレックスの3大発明が集約された

ロレックスを代表するモデルになります。
ダイヤル・インデックスなどの組み合わせは多岐に渡り

非常に多彩なバリエーションが存在するのが

デイトジャスト最大の魅力です。

年代を問わず幅広い世代から愛されています。

美しいカッティングが施された

フルーテッドベゼルと

ブレスレット中央パーツに

18Kイエローゴールドを使用した

ラグジュアリー感溢れるモデルになります。

煌びやかな輝きを放ち

時代やトレンドに左右されない高級感が魅力であり

同型のドレスラインである

18Kホワイトゴールドと比べても

ゴージャスな印象が際立ちます。

デイトジャストのレディースモデルにおいて

初めて風防に

サファイアクリスタルを採用したモデルであり

風防にキズが付きにくく

高級感がより引き立っています。

製造当初は同Ref(Ref.69173)で

オイスターパーペチュアルデイトとして販売されており

すぐに同ムーブメント(Cal.2135)にて

C.O.S.C.認定クロノメーターを取得し

モデル名がデイトジャストとなりました。

その他にも

同モデルのマイナーチェンジが多いです。

最も大きな変更点としては

1990年代前半までの個体ケースは

サイドのラグ部分に横穴が空いており

裏蓋に

『ORIGINAL ROLEX DESIGN』と

『STAINLESS STEEL』の文字が

サークル状に刻印されているという特徴を持ちます。

その後は刻印がなくなって

現在の仕様に移行されています。

 

付属品のそろった69173

シリアルNoT961609で

1996年に作られたロレックスになります。

ほどんど使われていない状態で

箱、コマなどの付属品が

全て揃った美品です。

 

リュウズの壊れた69173

こちらはシリアルNoE331089で

こちらは1990年に作られたロレックスで

『ORIGINAL ROLEX DESIGN』と

『STAINLESS STEEL』の刻印があります。

残念なことに

リュウズが壊れており不動です。

壊れたロレックスお買取り

偶然にも

同じ型番のロレックスが持ち込まれました。

どちらもお買取りさせて頂きました。

ロレックスなら

壊れていてもお買取りいたします。

捨てる前にジュエルカフェへお持ちください。

 

ゆめタウン久世店の詳しい情報はこちらから

ページの先頭へ
ページの先頭へ