国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ゆめタウン平島店

【岡山県岡山市東区平島の時計買取】ロレックスを売るならジュエルカフェゆめタウン平島店

2020年2月18日


岡山県岡山市東区・東平島・西大寺・赤磐市
備前市・瀬戸内市の貴金属・時計・ブランド
金券買取専門店ジュエルカフェゆめタウン平島店です。


こんにちは!
本日は時計のオーバーホールについてお伝えしようと思います。


OH(オーバーホール)とは??


語源 英語の『Overhaul』
意味 徹底的に点検する
類語 メンテナンス、修理点検 
対義語 破損


「オーバーホール」の意味は
「修理や改善を目的とした点検を徹底的に行う」こと。
おもに車やバイク、時計やパソコン、エレベーターなどの
「機械」や「マシン」に対して使われ、
「整備や修理を行うこと」「分解して調査や検査をする」と
いった意味を含む表現となっています。


ちなみに、英語で「over」のつく単語は
「全て」「ひっくるめて」「まるごと」「徹底的に」だそうです。

ここでは時計のオーバーホールについて、ご説明させて頂きます。
時計を長く使い続けるには「オーバーホール(分解掃除)」による
メンテナンスが欠かせません。これは、機械式でもクォーツ式でも同様です。


時計とOHの関係


時計は長く使い続けると激しい遅れや進みが生じたり、
ガラスの内側が曇ったりするなど何らかの不具合が発生し
最悪の場合は止まって動かなくなってしまうことがあります。


時計のオーバーホールは、車でいう車検のようなもの…。
時計の性能を保ち、長く愛用するためには不可欠なものです。
一生ものといわれるような腕時計を愛用している人なら、
大切な時計を快適に使い続けるために
3~5年に1回はオーバーホールをした方がよいといわれています。
(機械式時計で3~5年に1度、クォーツ時計で4年に1度が目安)
時計には数千円で購入できるリーズナブルなものから、
ロレックスやオメガなどの高級ブランドまでさまざまな種類があります。
高級ブランドと呼ばれる腕時計には、数十万円から数百万円という
価格のものも少なくありません。
これらは、「一生ものの時計」ともいわれますが、
いくら高級なブランド時計でも、メンテナンスは欠かせません。


オーバーホールの大切さ


オーバーホールは、経験豊富な一流の技術者が時計を分解して超音波洗浄し、
油の注入やパッキンの交換など必要なメンテナンスを行う作業です。
時計の内部には何種類もの潤滑油を使用しています。
油は時が経つほどに劣化するため、オーバーホールを行わずに
油が切れた状態になってしまった部品は共に傷つけ合い、
磨耗し、精度を狂わせていきます。
そして最後には止まって動かなくなってしまうのです。
止まってしまう原因の多くは、部品の破損によるものといえます。
そうなってしまった後では部品交換の必要が生じて修理代がかさんだり、
最悪の場合、修理できなかったりする可能性もあります。


また、時計の裏蓋などに使用されているパッキンも汗や汚れによって劣化し、
それによって隙間ができると防水性がなくなります。
その状態で手を洗うと内部に水が入りその結果、
部品の破損などが生じて時計の寿命は短くなってしまいます。


定期的にオーバーホールを行っていればたとえ不具合が生じても、
元の部品を使用することができる可能性がぐんと高まります。
オーバーホールを行うことであなたの大切な時計の寿命を延ばすことができ、
いつまでも愛用品として使うことができるのです。


オーバーホールの重要性は分かっていてもタイミングに迷ってしまう人も
多いかもしれません


時計のオーバーホールにかかる費用は?


※目安金額 2019年1月


ジュエルカフェではお客様の大切な時計を大切に査定いたします。
目立つキズやガラスが割れてしまった時計、
電池切れや故障で動かない時計、変色や文字盤にシミや裏盤に錆がある、
動作不良、ベルトがボロボロになっていたり、ブレス、リューズなどの部品が
無い時計などどんなものでも査定可能です。
売れるかどうか不安でしたらまずは、一度ジュエルカフェへお持ち下さい♪


もちろん査定は無料です!


ジュエルカフェゆめタウン平島店の店舗情報はコチラから

ページの先頭へ
ページの先頭へ