国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ゆめタウン久世店

【はがき・切手・クオカード・図書カード・金券売るなら】真庭市久世ジュエルカフェ買取専門店

2020年7月30日

  使わないクオカード、図書カード、金券、切手、はがき をお売りください!真庭市久世、美作市、津山市、苫田郡鏡野町のお買取専門店ジュエルカフェゆめタウン久世店でお買取り致します。各種金券は勿論、昔集めていた切手や余った年賀状が有りませんか?売れるんです!

 

 

郵便の歴史

明治4年(1871年)東京、大阪間の官営の郵便事業がスタートしたのがはじまりで、郵便の父として知られている前島密が(1円切手の絵の人物)政府文書の送達に飛脚に支払う金額が月に1500両支出していたことから郵便事業の国営化をはじめたそうです。

現在のはがきサイズになったのは昭和41年7月からで、それまでは、はいろんなサイズの郵便はがきがあったそうです。郵便事業の路線は当初は東京ー京都ー大阪間でしたが徐々に延長され1972年にはほぼ全国に拡大されました。ほぼ100年かかったんですね。

切手バラ1枚、はがき1枚、金券1枚からお買取り致します。

はがき

年賀はがき、官製はがき

毎年少しづつ溜まってしまう年賀はがき、ずいぶん以前に買い置きしていた官製はがきなどはもちろん往復はがきもお買取りしております。

お買取り出来る物

未使用のはがき

20円以上のはがき

片面書き損じのはがき(両面書き損じは不可)

消印部分が汚れてない物

切手

バラ、シート

未使用のバラ切手1枚からお買取り致します。

お買取り出来る物

裏面の糊が取れていない物

汚れていない物

切れていない物(シートの白い耳部分が切れている物は可)

破れていない物(シートの点線部分が破れたものはバラとしてお買取り可)

※詳しくはジュエルカフェスタッフにお気軽にお聞きください

 

 

金券買取ならジュエルカフェへ

金券の歴史

金券の歴史は江戸時代に、現在でも削り節で有名な株式会社にんべんが商品の引換券として発行したのが商品券の始まりだそうです。このときに作られていた商品券は現在普及している商品券とは大きく異なり、そのもの自体に銀が使われていて、高い価値が有り、貴重なもので、券というより硬いプレートに近い物でした。

ギフトカード各種

 

JCBギフトカード、JTBナイスギフト、VJAギフトカード、三菱UFJニコスギフトカード、UCギフトカード、KCギフトカードなど

商品券各種

全国百貨店共通商品券、百貨店ギフトカード、高島屋商品券、大丸商品券、そごう、イオン商品券、農協全国商品券、ゆめタウン商品券、ユニー商品券など

旅行券各種

JTBトラベルギフト、JTB旅行券、日本旅行ギフト券、ANA旅行券、JAL旅行券、近畿日本ツーリスト旅行券、読売旅行旅行券など

クオカードQUO

 

住友商事グループの株式会社ティーガイアの子会社の株式会社クオカードが発行するプリペイドカードでコンビニ、飲食店、ガソリンスタンド、ドラックストア、書店などで使用することができます。QUOはラテン語で「~するところ」に由来するそうです。

※広告入りクオカードもお買取り出来ます。

図書カード

 

図書カードは、書店で本を購入できる金券です。

図書券と呼ばれる紙製の物から後にテレホンカードのようなプラスチック製の図書カードに変わり、2016年に新たに「図書カードNEX」と呼ばれる物に切り替えられました。

お買取りできるのは図書カードと、図書カードNEXです。

 

テレホンカード

未使用のテレホンカード50度、100度、105度、300度、320度、500度、540度のお買取りをします。

 

その他

お米券、オレンジカード、ビール券、酒券など

 

※有効期限などによってはお買取り不可の物もございますので、詳しくはスタッフにお気軽にお問合せ下さい。

【お買取の際のご注意】

・身分証が必要となります。

・古物営業法により、中古買取では必ず

身分証の提示が必要となります。

身分証が無い場合は、お取引する事が

出来ません。

・20歳未満の場合は、保護者の方の同伴もしくは同意書が

必要です。

 

 

 

 

ジュエルカフェゆめタウン久世店の詳しい情報はこちらから

 

ページの先頭へ
ページの先頭へ