国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ゆめタウン久世店

【岡山県真庭市骨董品買取】着物売るならジュエルカフェ

2020年7月1日

岡山県真庭市、鏡野町

津山市、美咲町、新見市

骨董品、ブランド品

貴金属、時計、金券、洋酒の

買取専門店

ジュエルカフェゆめタウン久世店です。

 

骨董品買取

ジュエルカフェでは

着物をはじめとして

絵画や書、掛け軸、お茶道具や

焼き物、鉄瓶、刀剣

といった

骨董品の買取もしています。

 

着物

着物は

明治期に

西洋の服飾文化が取り入れられるまで

着用されていた

日本の伝統的衣服です。

その形は

時代とともに

様々に変化してきました。

最も華やかで

複雑になったのは

平安期の貴族の衣装で

その形式は

現在

主に皇室関連や

京都の伝統的行事の中に

見ることができます。

その後

鎌倉・室町時代を経て

江戸時代

現在

一般的に

着物姿と呼ばれる形が確立されました。


明治時代の洋服の流入をきっかけに

着物は徐々に冠婚葬祭など

特別な日に着る衣服になっていき

現在は成人式や結婚式など

さらに

特別な晴れの日のための衣装

となっています。

 

着物の種類

着物にも

男性用,女性用

が有り

もちろん

子供の成長に合わせた着物も有ります。

 

子供用

「一つ身」

赤ちゃんから

2歳くらいまでの幼児用の着物です。

 

「三つ身」

2歳~4歳の子供用の着物

3歳のお祝い着として

用いられることが多いです。

 

「四つ身」

4歳~12歳くらいの子供用の着物

七五三のお祝い着を作るなら

四つ身で仕立てるのがおすすめです。
七五三の

3歳と7歳の両方に着られます。

があります。

 

女性用

着物は着用する場面により

いくつかの種類に分けられます。

女性は

未婚、既婚によって

礼装が違ってきます。

 

「黒留袖」

黒地に紋と裾模様があり

既婚女性の慶事

(親族の結婚式等)

のための正礼装

 

「振り袖」

買取ランキング3位

成人式などに着用され

袖丈がくるぶしあたりまであり

未婚女性の正礼装

 

「色留袖」

地色が黒以外で紋と裾模様

親族以外の結婚披露宴などの礼装

 

「訪問着」

買取ランキング1位

 

胸元から全体に広がる模様であり

各種パーティなどに適する略礼装

 

「付け下げ」

訪問着ほどあらたまらない略礼装

「色無地」

黒以外の色に染めた無地のもの

 

「小紋」

型染めで全体に模様があり

幅広い用途に用いられます。

 

「紬」

織りの生地で主に普段着に用います。

 

「浴衣」

夏の行事用や

普段着になります。

 

「喪服」

弔事の際に用います。

 

男性用

「黒羽二重五つ紋付」

最も格の高い着物

年齢に関係なく

五つ紋付に羽織・袴

男性の第一礼装

 

「色紋付」

地色が黒以外の色

紋章を染め抜いた和装

五つ紋

三つ紋

一つ紋があり

第一礼装の下

準礼装や略礼装
花婿の装いには

染め抜きの五つ紋

を付けて着用

 

「お召一つ紋付」

結婚式にお呼ばれした時や

あらたまった外出の時に着用

 

「紬」

街着

羽織を着用

 

「ウール」

街着やくつろぎ着

手入れが簡単

 

「上布」

吸汗性も良く

見た目も肌触りもいい

夏の着物

 

「浴衣」

元は

身分の高い人が

入浴する際にまとったものが

始まり

夏のくつろいだ装い

 

最近は正装として

着物を着る男性も増えています。

このように

一口に着物といっても

たくさんの種類があります。

 

着物の手入れ

普段の洋服を着た後は

どうされていますか?

椅子やソファに服をかけたり

すぐに

クローゼットにしまっていませんか?

これは

「着物」

のお手入れとしてはどちらもNGです。

一度着た着物には

汗等の多くの水分が含まれています。

そのため

着用してすぐに着物を畳み保管すると

たっぷりと湿気を含んだ状態のまま…

ということになります。

カビや虫害等の

被害に遭いやすく

畳みシワも強く付いてしまいます。

着物の着用後には

保管する前に

「陰干し(かげぼし)」

というお手入れをして

着物の湿気を飛ばしましょう。

その時に

着物にシミや汚れが付いていないかの

チェックもしておきます。

着物の着用後のお手入れの手順

着物専用のハンガーに着物をかけて

形を整えます。
屋外もしくは屋内で

直射日光が当たらない場所に干します。

屋内の場合は窓をあけて換気します。
衿元(えりもと)・裾(すそ)

胴裏(裏地)等に

汚れが付いていないか

全体をチェックします。
半日~一日程度は干し続けます。

汗をかいた場合や

雨の日の着用後等は二日以上干します。
※室内干しで湿度が高い場合には、

エアコン等で除湿をしましょう。
※扇風機やドライヤー(冷風)で

風をあてるのも良いですよ。

 

陰干しをして

十分に湿気を飛ばしたら

着物を畳んで

「タトウ紙」に包みましょう。

タトウ紙とは

着物を

一枚ずつ保管するための紙

のことです。

その後

桐のタンスや衣装箱で

保管すると良いです。

桐のタンスや衣装箱がない場合は

ブリキやトタンの衣装箱で

保管すると良いです。

着物専用の

不織布の保管袋、保存袋も

良いですよ。

 

着物買取

ジュエルカフェでは

着物は勿論ですが

帯、反物

帯締めや帯揚げなどの

小物の買取もしています。

但し

シミや汚れがある着物

買取できませんので

ご了承下さい。

着物の

草履、バッグ

簪なども買取可能です。

詳しくはスタッフまで

お気軽に

問い合せ下さい。

 

ジュエルカフェゆめタウン久世店の詳しい情報はこちらから

ページの先頭へ
ページの先頭へ