国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

アリオ倉敷店

【岡山県倉敷市】ブランドを売るならジュエルカフェアリオ倉敷店にお任せ下さい♪

2020年6月28日

岡山県倉敷市・総社市・浅口市・岡山市・玉野市・高梁市・備前市・新見市・真庭市・笠岡市・井原市・津山市・都窪郡早島町・小田郡・加賀郡地域の、貴金属・時計・ブランド・金券・骨董美術品 買い取り専門店のジュエルカフェアリオ倉敷店です。

 

皆さまこんにちは♪

当店のブログをご覧下さりありがとうございます!

本日はブランドについてお話ししたいと思います。

ルイ・ヴィトンといえば皆様が知っているハイブランドの代表ですよね。

そのヴィトンには様々なラインがあります。

そのラインを本日はご紹介していきますね。

モノグラム

ヴィトンでは一番メジャーな柄がモノグラムですよね。

実はこのモノグラム、日本のあるものがモチーフになっていることをご存じでしたか?

1878にパリで開かれた万国博覧会。

日本も参加しており、日本の文化である日本庭園や工芸品などが紹介されました。

ヨーロッパの人々はこの日本文化に魅了され、「ジャポニズム」という日本ブームが起きたそうです。

このジャポニズムがヴィトンのデザインに大きな影響を与えたのです。

ヴィトンの2代目であるジョルジュ・ヴィトンが発表した新作こそがモノグラム。

それは日本の家紋をモチーフにしたものだったのです。

ダミエ

ダミエも同様に日本のあるものがモチーフになっています。

それは市松模様。

このメジャーな柄が二つとも日本の文化が大きく影響しているというのはすごいことですよね!

アンプラント

 

 

アンプラントはシックな中にも高級感があり、人気ですね。

このアンプラントはヴィトンから2010年に発表されたラインです。

モノグラムの型押しが全面に施されているのが特徴です。

アンプラント( Empreinte)はフランス語で刻印という意味です。

現在は廃盤となっていますが、ガラス加工のレザーにモノグラムが型押しされた「モノグラム・グラセ」というラインがありました。

現在は光沢を抑えたレザーにモノグラムが型押しされた「モノグラム・マット」のみになります。

アンプラントの素材には上質なカーフレザーが使われています。

それにモノグラムが刻印されることでエレガントで高級な雰囲気を演出しています。

エクリプス

エクリプスは2016年にメンズ・コレクションのアーティスティック・ディレクターのキム・ジョーンズによって発表されました。

とてもクールな感じでかっこいいですよね。

個人的には日本人の男性にとてもよく似合うラインだと思います♪

カプシーヌ

カプシーヌは1854年にヴィトンが初出店したパリのカプシーヌ通りが由来となっています。

LVのシグネチャーが特徴的なクラシカルなラインです。

カプシーヌで使われている素材はトリヨンレザーがもっともスタンダードです。

程よい皮目で傷も付きにくいので実用性に優れています。

マヒナ

マヒナはヴィトンが2007年に発表した、ヴィトン初のソフトレザーが使われているラインとなります。

マヒナというのはマオリ族の言葉で「月の女神」という意味です。

このソフトレザーは非常に柔らかくきめ細やかな質感が特徴です。

とても女性らしい優しい印象のラインですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヴィトンのラインに日本の文化が大きく影響しているなんてすごいですね!

とてもすてきなヴィトンのバッグですが、実はお買取りの中でもすてきなお値段が付きやすいブランドなのです。

ヴィトンのスタンダードなラインは何十年経っても人気が衰えないものがたくさんあります。

オウチに眠っている古いヴィトン、壊れているヴィトン。

捨てようかなと思う前に一度当店にお持ちください!

査定は無料です。

今なら特典がたくさんです♪

皆様のご来店をお待ちしております!

最後までご覧くださいましてありがとうございました!

ジュエルカフェアリオ倉敷店の詳しい情報はこちら

ページの先頭へ
ページの先頭へ