国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

2018年09月の記事一覧

佐賀県唐津市「貴金属高価買取店」IG(インゴット)500gお買取り致しました!! 2018年9月9日

佐賀県唐津市のジュエリー・ブランド買取専門店ジュエルカフェ、担当塚田です。

 

本日、ご紹介するのは・・《金地金=インゴット(IG)》です!!

金地金という言葉は普段あまり見かけませんが、簡単に言えば金の塊の事です。

金地金は《インゴット》とも呼ばれ、昔から資産として流通してきました。

現在投資の世界で取引される金地金(インゴット)は、厳密な審査基準をクリアした品質が保証されたものだけです。

金の価値は世界共通

金の価値は世界共通ですが、同じ重さの金地金(IG)でも金の純度が違えば、価値が変わります。

世の中には金と比重の近い「タングステン」に金メッキを施したような贋物が出回ることもありますが、そもそも初心者には本物の金なのかという事を容易に見分けることは困難です。

訪問販売やネットオークション、通信販売などで金を購入する場合などは十分に注意が必要です。

金地金刻印例

ロンドン貴金属市場協会(LBMA)

金投資に用いられる金地金は、品質が世界的に保証されている物でなければいけません。

品質の保証には「ロンドン貴金属市場協会(LBMA)」における厳正な審査基準をクリアしなければいけません。

基準をクリアにした企業だけがブランドと登録の証を刻印する事が許され、世界で流通する事ができる金地金となるのです。

この刻印が品質や価値を保証し、素人が安心して購入することができる証しだと言えるでしょう。

金の純度の違いとは?

24金

24金は全体の99.99%が混合物の入っていない純粋な金であり、純金とも言われています。

ほとんど混合物が入っていない為、腐敗する事なく、また変色もしないので、永久的な輝きを放ちます。

24金は柔らかいのでめったにリングやネックレスのようなジュエリーとして加工されることはなく、24金は基本的には「コイン・延べ棒・インゴット」のように金そのものの価値を十分に出せるように加工され、資産として所有する方や相場が高くなる頃を見計らって売却するといった目的で購入する人が多い傾向にあります。

18金

18金は純金が75%で残りの25%は他の金属が混ざったものです。24金や22金は柔らかく、リングやネックレスといったジュエリーには不向きな部分がありますが、18金はまさにジュエリーのための《金》と言えます。

18金はとても加工しやすく、尚且つ純度が高いこともあり、時計・カメラ・ライター・万年筆のようなものにまで加工されています。

インゴットにも種類やメーカーが異なる

インゴットと言えば一括りに純金であると思われがちですが、実はメーカーごとに刻印が異なります。

または刻印がない物もある事はご存知でしょうか?日本の金取引市場では国際公式銘柄だけをインゴットとして認めています。

刻印がないもの、消えてしまっているものよりも海外ではスイス銀行、国内では田中貴金属工業・住友金鉱鉱山・三菱マテリアルなど有名なメーカー刻印があるものの方が信頼性が高く、高値で取引されます。ご自身でお持ちのインゴットの刻印も確認してみると良いかもしれません

金地金(IG)の高価買取店ならジュエルカフェイオン唐津店

いかがでしたでしょうか?

ジュエルカフェイオン唐津店では金地金=インゴットの買取強化を行なっております。

売却する気がなくても、お気軽に御相談くださいませ。今なら「ブログ見た」と査定前に一言スタッフへお声掛け頂けると買取率UPさせて頂きます。是非、お気軽にご来店くださいませ。

ジュエルカフェイオン唐津店の店舗情報はこちらから

佐賀県のジュエルカフェ

最新記事

ブログ内検索

以前の記事

ページの先頭へ
ページの先頭へ