国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

ニットーモール店

【埼玉県熊谷市・行田市貴金属買取り】K18・K18WGネックレスお買取り致しました!  2020年4月5日

皆様こんにちは!熊谷市のジュエルカフェ ニットーモール店です!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、先日お買い取りをした、ネックレスについてご紹介させていただきます。

K18・K18WG(ホワイトゴールド)ネックレス

 

 

こちらはK18とK18WG(ホワイトゴールド)のネックレスfです。

K18とK18WGの違いは?

見た目でもわかるように金色の物がK18で銀色の物がK18WG(ホワイトゴールド)です。

K18の金の割合は75%が金、25%銀と銅を混ぜた物になります。

K18WGは金の割合75%残り25%はニッケル、パラジウムなど白色系、または銀や銅、亜鉛の金属で合金し、表面にロジウムメッキ加工を施した物になります。

現在はニッケルフリーのジュエリーを扱うメーカーが多いそうです。

その理由はニッケルが金属アレルギーの大きな原因になっていると考えられているからだそうです。

購入した時はアレルギーは無かったのに、最近アレルギーが出て身に付けなくなったとお持ちになるお客様の声も良く耳にします。

他にもK18YG(イエローゴールド)K18PG(ピンクゴールド)があります。

K18YG(イエローゴールド)の見た目は、まさに金(ゴールド)!!という感じですね。

K18PG(ピンクゴールド)は可愛らしい色合いで、肌なじみしやすい色味と言われており、素敵な輝きがあります。

相場は毎日変わります

金相場は変動しています。

先月よりも今月の方が少し上がった!!

昨日は高かったけれど、今日は下がっている等。

相場が変わる理由として、世界中の政治経済などの影響があります。

世界共通の金を資産価値として購入する人が最近では、また増えているそうです。

 

古い物・変形・変色していても大丈夫です。

●歪んでしまった指輪

●イニシャルなどの刻印入り

●切れてしまったネックレス

●頂き物で古いデザインの物

 

昔に買った物で、暫く身に付けずに置いていたら変色していた!!

デザインが古くて、この先も使用しないであろうアクセサリー類

ピアスの片方だけ残っている...等

 

ジュエルカフェ ニットーモール店では喜んでお買取り致します。

また、刻印が不明で何なのか?判断できない物でも大丈夫です。

当店では、比重計という機会を使用して、金の含有量をお調べする事ができます。

その場で、金と判断できればお買取りさせて頂きます。

 

是非一度、ジュエルカフェ ニットーモール店へお立ち寄り下さいませ。

皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

ジュエルカフェ ニットーモール店の店舗情報はこちらから

【埼玉県熊谷市・行田市ブランド買取り】ルイ・ヴィトン ミニ・ルーピングお買取り致しました!  2020年3月25日

皆様こんにちは‼ 熊谷市のジュエルカフェ ニットーモール店です!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回、先日お買取りさせて頂きました「ルイ・ヴィトン モノグラム ミニ・ルーピング」について

ご紹介させて頂きます。

 

ルイ・ヴィトン モノグラム ミニ・ルーピング ハンドバッグとは?

 ルイ・ヴィトンの歴史はかなり古く、1854年まで遡ります。創業者は、名前の通り「ルイ・ヴィトン」という

人物でフランスとスイスの国境付近にあるアンシェイ村で12人兄弟のちょうど真ん中に生まれました。

職人として働きだしたルイ・ヴィトンでしたが14歳の時、母親との仲が悪くなり、家出同然で飛出し、花の都

と言われていたパリに飛び込んで行きました。そしてパリの とあるトランク製造の職人見習いとなり、類まれる

才能を発揮しフランス皇室から注文を受けるほどの職人へと階段を駆け上がりました。

1854年、ルイ・ヴィトンが33歳の時に独立し、パリの高級ブティック街にトランク専門店を構えました。

これが『ルイ・ヴィトン』の発祥になりました。

当時のトランクは蓋が丸いのが一般的でした。それは雨が降った時に水が下に落ちやすいという構造上の理由で

好まれていました。ルイ・ヴィトンも丸い蓋を作っていましたが、フランス一の職人まで上りつめた彼は

機関車や船などの移動手段の発達を考え「平らな蓋のトランク」を考えだし、持ち運びに便利で軽いトランクを。

革より軽い無地のコットンを選び、さらに防水加工を施した『グリ・トリアン』を開発!

軽くて、丈夫な、防水もできる画期的なトランクを生みだしました。たちまち当時のセレブ達の間で評判となり

『ルイ・ヴィトン』の名前を一躍有名にしました。

1878年、パリで万国博覧会が開催され、パビリオンで最も注目を集めたのが「日本館」でした。日本庭園や

盆栽、陶磁器など日本の美しい文化に魅了され、「ジャポニズム」がフランスで巻き起こりました。

2代目を引き継いだ『ジョルジュ・ヴィトン』がジャポニズムに影響を受け、1896年に発表された「モノグラム」

は直感的なひらめきで日本の家紋がモチーフになりました。当初は現代のようなプリントではなく

職人の手により、ひとつ、ひとつ手描きで描かれていました。

1888年に発表された「ダミエ」も日本の市松模様をモチーフにデザインされており、1800年代からヴィトンと

日本は深い関わりがあったのです。現代の日本でのヴィトン人気も関係しているのかも知れませんね。

「ミニ・ルーピング ハンドバッグ」はオープンポケットタイプで、物の取り出しがしやすく

お財布・携帯電話がすっぽり入り、ちょっとしたお出かけに最適!!

 ルーブ状のハンドルが肩にフィットするので持ちやすく、使いやすいバッグです。

 

ルイ・ヴィトン ミニ・ルーピング ハンドバッグの高価買取ポイント!

●付属品はございますか?

購入時の箱・保存袋など。こちらの付属品は査定時のポイントになります。

もちろん無くされてしまって、バッグのみという状態でも買取可能です!しかし、付属品の有無にて買取価格が変わってしまう可能性がありますので、もしお持ちでしたらぜひ一緒にお持ち下さい。

 

●汚れ、傷などはありますか?

バッグなどはご使用いただいている内にシミや汚れは付き物です。

使わなくなり、クローゼットへ入れっぱなしにしていても最大の敵、湿気がシミやベタ付き、さらにはカビを招いてしまいます。ベタ付きやカビがあると査定額も下がってしまいます。もう使用されない、とお思いでしたらすぐにお持ち下さい。

 

壊れている・ボロボロのブランドバッグでもジュエルカフェなら買取致します!

今回は、ルイ・ヴィトンについてご紹介いたしました。当店ではルイ・ヴィトン以外にもシャネル、エルメス、プラダ、グッチ、コーチ、セリーヌなど様々なブランド商品をお買取しております。

・ハンドルが取れてしまった

・角などに擦れがある

・中がベタベタになっている

など、劣化が激しいものは他店では買取してもらえない場合もございます。

ジュエルカフェ ニットーモール店では、喜んでお買取させて頂きますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

だだいま受付時に「ブログを見た」とスタッフにお伝えいただくと査定金額を20%UPキャンペーン開催中です!

査定は無料となっておりますので、ぜひこの機会にご来店くださいませ。

 

貴金属・ブランド品・時計etc…買取り強化中!!

まずは無料査定だけでも、お気軽にジュエルカフェニットモール店にお越しください!

スタッフ一同お待ちしております。お気軽にご来店下さいませ。

 

ジュエルカフェ ニットーモール店の店舗情報はこちらから

【埼玉県熊谷市・行田市ブランド買取り】ルイ・ヴィトン ダミエ・アズール シラクーサお買取り致しました!  2020年3月15日

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

最近ではコロナウイルス話題ばかりで、不安な毎日を過ごされている方も多いと思います。世界中に拡大しつつあり、経済にも影響を及ぼしています。

しかし…今年は待ちに待ったオリンピックイヤー!

コロナウイルスが早く終息して、オリンピックが無事に開催される事を願うばかりです。

今回は先日お買取り致しました ルイヴィトン ダミエ・アズール シラクーサをご紹介致します。

ルイヴィトン ダミエ・アズール シラクーサとは・・・

斜め掛け可能なショルダーバック【シラクーサ】

正面の「LOUIS VUITTON PARIS」のロゴと、さりげないプリーツデザインが個性的。

かっちりめの自立したタイプのボディで、コンパクトながらもしっかり荷物が収納出来ます。

ルイヴィトン ダミエ・アズールについて

ルイヴィトン最古のラインはダミエという事をご存知ですか?ダミエは製造中止となっていた期間があった為、知らない方も多いと思います。その背景には今でも続く、コピー品との戦いがあります。ルイヴィトンのブランドが確立される以前から、ルイヴィトン商品は人気があり、コピー品が多く出回っていました。これを防止しようとブランドを立ち上げ、ルイヴィトンのシンボルとなるようなデザインを考案しダミエが誕生したのです。しかし今度はこれを真似てコピー品が出回るようになり、ついにダミエは一時期廃盤に追い込まれたのでした。

ダミエ復活

時は流れてルイヴィトンのチーフマネージャーがマーク・ジェイコブスになると、ダミエの運命も変わりました。アニバーサリー企画でダミエの復刻モデルが限定販売される事になりました。ここで脚光を浴びたダミエは現代の多くの人の目に触れ、多くの評判を呼び、復活を果たしたのです。良いものは時代を超えてても良い物と評価され、1度は消えたダミエがルイ・ヴィトン最古のラインとして確立したのです。

ダミエ・アズール

ダミエは復活しただけではなく進化し続けています。新しいラインも登場し、色合いを変えたデザイン、それがダミエ・アズールです。アズールが意味するものは「紺碧」でダミエアズールがリヴィエラ海の青い砂浜をイメージして」造られたので、この名称がつけられました。リヴィエラ海はイタリアの有名なリゾート地です。ルイ・ヴィトンは・フランスの老舗ブランドですが、国にこだわらずヨーロッパのすばらしさをデザインに取り入れる所がルイ・ヴィトンの素晴らしさの1つでしょう。

定番となったダミエ・アズール

ルイ・ヴィトンと・いえば茶褐色や茶色といったようなシックな落ち着いた色合いをベースにした物が定番ラインとなっています。そんな中で登場したダミエ・アズールは、名前が物語る通り「紺碧で」あり、ルイ・ヴィトンとしては斬新な色合いでした。確かに青とクリーム色をベースにしており、青い海と砂浜をイメージできます。斬新なダミエ・アズールですが、今では定番ラインとしての位置を確立しており、新製品も多く出でいます。

ダミエ・アズールは汚れやすいの?

ルイ・ヴィトンの中で人気の高いダミエ・アズール。

ダミエの中でもアズールは白を基調としているので、残念ながら汚れが目立ったしまいます。

ダミエ・アズールのお手入れ方法

もしもお手持ちのダミエ・アズールが汚れてしまった場合、バック修理の専門店やルイ・ヴィトンに持ち込んで相談される事をおススメします。

その前に・・・

ご自宅で出来る方法もございます。

①素材を確認しよう!

ダミエ・アズールの表面の素材は塩化ビニールです。合皮革に塩化ビニールが貼られ、その上にプリントがされています。そして財布の場合は内側、バックの場合は持ち手の部分が牛革になります。もしダミエ・アズールが汚れてしまったら、それぞれの汚れた場所にあった方法で汚れを落としましょう。

②汚れの落とし方

柔らかい布に中性洗剤をしみこませ、優しく拭きとる。

必ず、目立たない場所で試してみてから、シミにならなそうなら行って下さいね。

ジュエルカフェでは、ルイヴィトン・ダミエアズールを高価お買取りしております!!

付属品はございますか?

購入時の箱、保存袋、鍵、ネームタグ、付属のポーチ等、これらの付属品は査定時に大きなポイントになります。

もちろん無くされてしまって、バッグのみという状態でも買取可能です!しかし、付属品の有無にて買取価格が変わってしまう可能性がありますので、もしお持ちでしたらぜひ一緒にお持ち下さい。

 

壊れている・ボロボロのブランドバッグでもジュエルカフェなら買取致します!

今回は、ルイ・ヴィトンについてご紹介いたしました。当店ではルイ・ヴィトン以外にもエルメス、シャネル、グッチ、プラダなど様々なブランド商品をお買取しております。

・ハンドルが取れてしまった

・角などに擦れがある

・中がベタベタになっている

など、劣化が激しいものは他店では買取してもらえない場合もございます。

ジュエルカフェ ニットーモール店では、喜んでお買取させて頂きますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

だだいま受付時に「ブログを見た」とスタッフにお伝えいただくと査定金額を20%UPキャンペーン開催中です!

査定は無料となっておりますので、ぜひこの機会にご来店くださいませ。

 

貴金属・ブランド品・時計etc…買取り強化中!!

まずは無料査定だけでも、お気軽にジュエルカフェニットモール店にお越しください!

スタッフ一同お待ちしております。お気軽にご来店下さいませ。

ジュエルカフェ ニットーモール店の店舗情報はこちらから

埼玉県のジュエルカフェ

最新記事

ブログ内検索

以前の記事

ページの先頭へ
ページの先頭へ