国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

フォレオ大津一里山店

【滋賀県大津市・瀬田駅付近で時計買取№1】 アンティーク ロレックス を高く売るには?

2018年12月13日

滋賀県大津市・瀬田・南草津・草津市・野洲市・甲賀市・浜大津・石山の時計・ブランド・貴金属・金券買取専門店ジュエルカフェフォレオ大津一里山店でございます。
 

当店は、ロレックスの買取に自信があります! 壊れていても古くてもロレックスの時計なら大歓迎です! アンティーク ロレックス の時計も高額で換金! 安心の無料査定実施中でございます。

たとえばどんなロレックスが売れるのか? その質問にお答えします!

 

 

皆様こんにちは!


フォレオ大津一里山 1F ジュエルカフェフォレオ大津一里山店のスタッフです!

 

 

今回は アンティーク ロレックス についてご紹介したいと思います。

 

 


 

 

 

それでは、アンティーク ロレックス の特色とその査定基準についてまとめていきますね。

 

 

 


アンティーク ロレックス の魅力

文字盤のデザイン


他の時計メーカーに比べてロレックスは在庫数が多いため、種類が圧倒的に多いのが特徴です。
文字盤の色、素材、数字の書体、長針短針の形など、同じ年代の同じデザインの時計でも、文字盤の色が違うだけで雰囲気が大きく違います。

 

 

ひとつひとつが異なる表情

 

大量生産の現代の時計とは違い、同じものが2つとないということが魅力です。
たとえ同じ時計でも、文字盤の日焼け具合などすべてが一品ものです。 

 

 

 

30~40年代のアンティークロレックス


アンティークウォッチとして出回っている中で、もっとも古い部類に入るのがこの年代です。
古いだけに機械の程度が心配されますが、すでにオイスターケースが全盛を迎えていたロレックスだから比較的良好な状態のものが多く残っています。 

 

 

■長方形ケースのプリンス

オイスター以前のロレックスを代表する長方形ケースのプリンスは、20年代から40年代後半に作られました。
アール・デコ様式の影響を受けた優雅なデザインの時計で、アンティークロレックス好きにとっては希少価値のある時計です。
中には秒針が下部に独立してつけられたタイプもあり、それらはドクターウォッチと呼ばれています。
これは医者が患者の脈拍を計るために使いやすいように時分針と秒針が完全に分かれてつけられたためなのだとか。
精度も非常に高い時計でした。
ドクターウォッチはとくに珍しく、人気のあるアンティークのロレックスです。 

 

 

■手巻きのオイスターとオイスターパーペチュアル

ロレックスが初めて実用化したローターの回転を利用した自動巻き機構、パーペチュアルは1932年に完成しています。
そのため、この年代の主力は、手巻きのオイスターとオイスターパーペチュアルでした。
日付表示付きのデイトジャストも45年に発売されています。

 

 

 
50年代のアンティークロレックス

 

アンティークロレックスとして一段と数が多くなってくるのがこの年代です。
この頃にはロレックスの評価は定まり、人気が高まって製造数も増えてきました。
多くのモデルが作られてバリエーションも豊富になっています。 

 

 

■バブルバック

アンティークロレックスの代表的なモデルであるバブルバックは、実はモデル名ではございません。
30年代から作られはじめたオイスターパーペチュアルの中で一部のモデルがこう呼ばれているそうです。
30年代、ロレックスはパーペチュアルの成功から自社製のムーブメントにこだわりはじめました。
この中のひとつに手巻きムーブメントに自動巻きローターを追加したタイプのものがあり、ローターの分だけ厚みが増し、厚みが増した分だけ裏蓋が膨らんだのです。
これがバブルバックの由来だそうです。
作られたのは30年代中期から50年代後期。 

 

 

■陸・海・空のスポーツ時計

53年に、水深100mまでの防水性能を誇るプロダイバー用のサブマリーナが誕生しました。
翌年には200m防水モデルを発表しています。
55年にはパイロット用としてGMTマスターが誕生。
冒険者を意味するエクスプローラーを発表したのもこの年代です。
現在でも定番のベストセラーを開発したのが50年代ということになります。 

 

 

 

アンティークロレックスをより高く売る方法ってあるの?

◆メンテナンス

アンティークロレックスというだけあって、製造から結構な時間が経っているものがとんどなので、経年劣化などによって新品に比べると不具合が生じやすくなっています。
そのため、アンティークロレックスは購入時のコンディションをきちんと把握しておくことや、メンテナンスがいずれも大切です。
正規店で定期的(3~4年に一度が望ましい)にオーバーホールを行うことで時計の劣化を防ぎ価値を維持できます。 

 

◆付属品

箱・余りコマ・修理証明・ギャランティカード(国際保証書)などの付属品は大事に保管しておいてください。
付属品はその時計が正規の品であることを証明する上で重要な役割を果たします。
また、オーバーホール証明書はメンテナンスをした証拠にもなるので、査定依頼時に必ず一緒にお出しください。
 

 

 

 

まとめ アンティーク ロレックス のお買取ならジュエルカフェにお任せ下さい!


ロレックスの腕時計は昔も今も需要があります。

ジュエルカフェでは、ロレックスの時計ならどんなモデルも問わず買取を強化しています。

今回ご紹介した アンティーク ロレックス だけはなく
デイデイト・デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナ・ヨットマスター・GMTマスター・エクスプローラー・エアキングなどもお買取しております!

 

 

使わない時計を売ったお金でお財布が潤うかも?

 


是非この機会に、ジュエルカフェフォレオ大津一里山店へ!
査定は無料です!
ご来店を心よりお待ちしております。  

 

 

 

現在キャンペーン実施中!


お電話で「ロレックス売ります!」と来店をご予約のうえ、 ロレックスの腕時計をジュエルカフェでお売りくださると、
買取金額に加えてさらに『現金2万円をキャッシュバック』!
詳しくはこちら → ロレックス買取キャッシュバックキャンペーン

ジュエルカフェフォレオ大津一里山店の情報はこちらから

ページの先頭へ
ページの先頭へ