国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

フォレオ大津一里山店

【大津市・一里山で時計のお買取】世界三大時計 ヴァシュロン・コンスタンタンを売るならジュエルカフェ!

2019年7月12日

滋賀県大津市 草津市 栗東市 野洲市のブランド・貴金属・時計・金券買取専門店のジュエルカフェ フォレオ大津一里山店です!
大津で時計買取No,1の当店が、世界三大時計のヴァシュロン・コンスタンタンについてご説明ようと思います♪

 

 

 

 

ヴァシュロンコンスタンタンとは

ヴァシュロンコンスタンタンは、オーデマピゲ、パテックフィリップに並ぶ世界三大高級時計の一つです。
1755年から続いているスイスの老舗ブランドで、その歴史は250年にもわたります。
その特徴は派手すぎない、シンプルでアンティークなデザインです。
世代を受け継がれて愛され続ける王道とも言えるデザイン性が特徴です。

 

ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史

ヴァシュロン・コンスタンタンは、スイスのジュネーヴを本拠地とする時計メーカー。
1755年の創業から一度も途切れることなく現在に至った世界最古の時計ブランドとなっています。
1755年9月17日、時計産業が盛り上がりを見せていたジュネーブにて開かれた小さな時計工房が始まりです。
時計職人のジャン=マルク・ヴァシュロンがこの年に制作した懐中時計は、
アラベスク装飾を施した美しいムーブメントが搭載されていたと言われており、
美的感覚に優れた芸術的なヴァシュロン・コンスタンタンの時計づくりは、260年前のこのときから根付いています。
創業から200年経った1955年には厚さ1.64mmという世界で最薄の機械式ムーブメントを発表。
1977年に現在の社名であるヴァシュロンコンスタンタンとなりました。

 

ヴァシュロン・コンスタンタンのマルタ十字

ヴァシュロン・コンスタンタンのロゴには、ブランド名と共にシンボルのマルタ十字があります。
このマルタ十字は1880年ごろに商標登録され今現在も使用されています。
ヴァシュロン・コンスタンタンのロゴにマルタ十字が採用された理由は、
当時の時計の部品の形状がマルタ十字に似ていたことにちなんでいると言われています。

 

ヴァシュロン・コンスタンタンのモデル

パトリモニー

 

現在のヴァシュロン・コンスタンタンを代表する「パトリモニー」は2004年に登場しました。
最も王道であり、人気のモデルとなっており、完璧な円と調和のとれたプロポーションが特徴です。
インデックスにあるくさび形は、ロゴマークでもあるマルタ十字をモチーフにしています。
1957年に手がけていたモデルから着想を得た2針モデルや、シックな印象の3針モデル、
見た目からは想像できない複雑機構を備えたコンプリケーションモデルまで、幅広いラインナップを展開しています。

 

トラディショナル


トラディショナルは、ヴァシュロンコンスタンタンの技術を集結させたモデルとなっております。
極めてシンプルなものからコンプリケーションモデルまで、
世代を超えた技術を感じることのできるタイムピースです。

 

オーヴァーシーズ

 

オーヴァシーズは、他のモデルに比べて、スポーティで機能的なモデルです。
2004年に新しく改変され、オーバーシーズは防水機能と、耐磁性構造をより強化にしました。
ヴァシュロンコンスタンタンのモデルにしては、カジュアル感の強いモデルです。

 

1972

 

1972の最大の特徴はアシンメトリーなデザインです。
この1972には、2パターンのデザインが用意され、
「ジュエリー」スタイルと「ダンディー」スタイルの2種類があります。
個性的なデザイン性と変わらぬ高度な技術を求める方にはぴったりと言えるモデルですね。

 

マルタ

 

ケース部分の形が一般的な丸型ではなく、トノー型となっているのがマルタです。
トノー型の時計はクラシックかつアンティークな印象を抱かせます。
ヴァシュロンコンスタンタンの数あるモデルの中でもトノー型のケースをもつマルタは大変珍しいです。
ヴァシュロンコンスタンタンの技術力がユニークなデザイン性に集約された腕時計になっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「世界三大時計」ヴァシュロンコンスタンタンについてご説明させていただきました!

時計買取No,1の当店への時計のお持ち込みも、最近増えてきております。
売却の際は、箱やギャランティなど、付属品も一緒にお持ちいただくと
より金額がアップしますのでお忘れなく★☆


※お買取りの際、身分証の提示が必要になります※

 

ジュエルカフェフォレオ大津一里山店の情報はこちらから

ページの先頭へ
ページの先頭へ