国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

2019年10月の記事一覧

【島根県出雲市骨董品買取】骨董品売るならジュエルカフェ♩ 2019年10月30日


こんにちは。

島根県   出雲市 大田市 雲南市 松江市 邑智郡 貴金属 ブランド 金券  時計

鉄瓶 銀瓶 木箱入り陶器 掛け軸 和装小物 茶道具買取専門店ジュエルカフェゆめタウン出雲店です。

いつもご覧頂きありがとうござます。

本日は骨董品買取について書いていこうと思います。

ジュエルカフェは貴金属やブランド品の買取のイメージが強いですが、≪骨董品≫も喜んでお買取りさせて頂きます。これも買い取り対象かな?わからないものも査定は無料ですので是非お持ち下さいませ♫

和楽器とは

和楽器とは日本で古来から使われている伝統的な楽器のことであります。邦楽器ともよばれたりしております。

大陸文化の影響をうける以前から伝承される日本固有の楽器としては、和琴があげられ、笏拍子も日本固有のものとみなされてます。その他の和楽器は大陸から渡来した楽器を基としていますが、日本の文化の中でそのかたちをかえ、独自に進化をとげていった。

和楽器買取【例】

・和琴≪わごん≫

・筝≪そう≫

・三味線≪しゃみせん≫

・琵琶≪びわ≫

和琴≪わごん≫

和琴は雅楽の国風歌舞伎でもちいられる日本固有の弦楽器です。日本最古の大和琴≪やまとごと≫東琴≪あずまごと≫も喜んでお買取りさせて頂きます。

筝≪そう≫

十三本の糸を有するが、十七鉱筝など種々の多絃箏がある。箏は一面、二面(いちめん、にめん)と数える。弦楽器

に分類される。

三味線≪しゃみせん≫

戦国時代に琉球≪沖縄≫から伝来したもの。ほかの和楽器とくらべ新しい楽器である。三線≪さんしん≫ともよばれおいるそうです。

三味線の豆知識

三味線に試用される革はおもに3種類ございます。猫革・犬革・合成革使用されております。

三線≪さんしん≫では蛇の革が使用されていました。三味線へと改良していくときに猫革・犬革が使用されるようになったのです。メスのトラ猫の革が一番三味線には適していたそうです。

 

琵琶≪びわ≫

弦楽器のひとつで弓を使わず弦をはじいて音をだす。撥弦楽器です。

尺八《しゃくはち》

日本の木管楽器の一種です。中国から日本に伝来しました。

などなど和楽器も喜んでお買取りさせて頂きます。^^

 

 

茶道具買取【例】

・抹茶碗

・釜《茶釜》

・盆

・千歳盆

・花形盆

・山道盆

・水指

・水注薬缶

・柄杓

・茶筅

なども喜んでお買取りさせて頂きます。!!

抹茶碗

・井戸茶碗

・天目茶碗

・志野茶碗

釜《茶釜》

天明釜《てんみょうがま》

栃木県佐野市の犬伏町で作られたもので、丸みをおびたかたちの釜が多く。おちついたシンプルなデザインの茶釜です。

 

 

買取りまでの流れ

受付をお願いしております。

お持ち頂いたお品物の査定スタート

査定時間はお持ち頂いたお品物と量によってことなります。

お見積金額提示させて頂きます。

お見積もり金額渡しいたします。

スピード査定でその場で現金でお支払いさせて頂きます。^^!

 

 

これも売れるのかしら?

売れるか分からない物も是非お気軽にお持ち下さい。^^

1点1点丁寧に査定いたします。

ジュエルカフェゆめタウン出雲店は安心の無料査定です。

 

 

まとめ

和楽器や茶道具の処分をお考えでしたら、ジュエルカフェゆめタウン出雲店の無料査定にお越しくださいませ。^^

 

 

★グーグルマップコメントキャンペーン★

無料お見積もりの前に是非、グーグルのアカウントの作成お願いいたします。

グーグルアカウントをお持ちですとサクサクキャンペーンに参加できちゃいます。

お店でグーグルマップにコメントして下さるだけで素敵なプレゼントをお渡ししております。

アカウントの作り方がわからない方はお店でスタッフと作成できますのでお気軽にお声掛け下さいませ♪

コメント投稿に御協力をよろしくお願いいたします。^^🎵🎵

★Tポイント貯まります★

ブランド品・ジュエリーをご成約のお客様Tポイントが貯まります。

お見積もりの際には一緒にお持ち下さいませ♪

☆お買取してもらうときに何か必要なものは…?

ご成約時には必ず【身分証明書】が必要となります!

運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードなどの公的機関が発行しているものが必要です。

パスポートや外国人登録証もOKです。

有効期限の切れてしまっている場合は、有効期限の切れていない身分証明書をお持ち下さい。

コピーをお取り致します。

予め、ご了承下さいませ。

☆☆皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちして致しております☆☆

 

ジュエルカフェゆめタウン出雲店の店舗情報はこちらから

 

 

 

【島根県出雲市イオンモール出雲店骨董着物買取】眠っている刀剣がありましたらジュエルカフェへ! 2019年10月30日

出雲市・松江市・大田市・雲南市の皆さんこんにちは。貴金属・ブランド・時計・金券買取専門店ジュエルカフェイオンモール出雲店です。骨董品のお買取り強化中です!眠っている骨董品などありませんか?ジュエルカフェで査定してみませんか?

 

 

最近ジュエルカフェでは骨董品買取強化中です!

家の中や蔵など掃除していた際古い茶器や掛け軸など見つけて処分に困るなどあると思います。ジュエルカフェではそういった物のお買取りしております。

今回はその中でも刀剣・日本刀の買い取りについて書いていこうと思います!

ここ最近アプリゲームで盛り上がっている刀剣です。若い人達が博物館や美術館などに刀剣を見に行ったりするくらい人気です。

刀剣自体持っている方は少ないかもしれませんがもしかしたら貴重な物だったりするかも...!

日本刀の種類・どんな刀があるのか書いていこうかなと思います!

査定の際には警察に提出されている登録証も必要になりますので一緒にお持ちください。

良かったら最後まで見ていってください。

 

 

日本刀の歴史

まず少し歴史を書いていこうかなと思います。

今回は始まりから鎌倉時代までの歴史を書いていこうと思います。

 

日本には独自に青銅製の刀剣が生産されていた。古墳時代以前には鉄製の刀剣が生産されていいたそうです。この頃の刀剣を上古刀(じょうことう)というそうです。平安時代になると武家勢力が活発化し武力が増してくると刀剣も同じく発達するようになります。ここから日本刀と言われるようになります。平安時代で有名な刀剣は酒呑童子を斬ったとされる「童子切」や狐に合鍛を打たせたと言われている「小狐丸」などがあるそうです。平安時代後期になってくると博物館や美術館などで見かけるような太刀になります。反りがあり細身な刀です。長さは大体70㎝から80㎝あるそうです。

鎌倉時代になると色々な場所で争乱が起き日本刀の需要が急速に高まります。

この時代は日本刀の黄金期とされています。

後鳥羽上皇も刀剣が好きだったそうで自分でも鍛冶をして刀剣を作っていたそうです。その際刀に菊の刻印を入れていたそうです。皇室の菊紋の始まりとも言われているそうです。

後鳥羽上皇はこの時代に御番鍛冶制度を作ったそうで全国の有名な刀工を集めて鍛刀させていたそうです。その際沢山の名刀が生まれたと言われています。

また、山城(京都)・大和(奈良)・備前(岡山)・美濃(神奈川)・相模(岐阜)の5ヵ所を作刀方式を五箇伝といいこの5ヵ所には地鉄、鍛え、刃紋と独自の特色があります。

この時代に作られた刀は岡山の備中で生産された「数珠丸恒次」や粟田口国綱作「鬼丸国綱」などがあります。鬼丸国綱は色々と逸話が残っている刀だそうです。気になる方は調べてみて下さい!

大体ここまでが刀剣鎌倉時代までの歴史です!

調べて自分なりの解釈で書いていきましたが...まとめるのは難しいですね...

また続きかけたらいいなーと思います。

 

 

刀剣の種類

刀剣・日本刀は刃の形などで種類分けされています。

 

【直刀】

古墳時代から奈良時代にかけて生産されていた刀だそうです。反りがほとんどない真っ直ぐな刀になります。

 

【太刀】

よく博物館などで見かける反りがある刀。飾ってある姿は刃が下になっている形だと思います。平安時代後期から室町時代前期まで生産されていた刀です。刃の長さが70~

80㎝位だそうです。 天下五剣と言われている刀が太刀になります。上記歴史部分でも書いている童子切や鬼丸国綱、三日月宗近など

 

【刀】

室町時代中期から江戸時代末期まで生産されていた刀です。太刀より少し短い形になります。刀の場合は刃を上にして腰に掛けるそうです。刃の長さは60.6㎝位だそうです。

よく言われているのは打刀だと思います。

有名な刀は、へし切長谷部、義元左文字、燭台切光忠など

 

【脇差】

刃の長さが30.3㎝から60.6㎝以下の物を脇差といい刀と一緒に腰に指してあったものです。36㎝から40㎝位の小脇指と言われる物もあるそうです。安土・桃山時代や江戸時代では刀の予備として持つ刀として持たれていたそうです。

有名な刀は、骨喰藤四郎、物吉貞宗、にっかり青江など

 

【短刀】

刃の長さが30.3㎝以内の物を短刀といいます。腰刀とも呼ばれているそうです。

有名な刀は、厚藤四郎、愛染国俊、薬研藤四郎など

 

こうしてみると沢山種類があるんですね。太刀と刀は見分けがつかないのではと思いました。

 

【まとめ】しまっている・眠っている刀剣はありませんか?

いかがでしたでしょうか?刀剣の歴史途中までですが刀剣の黄金期までと、刀剣の種類について書いていきました。刀剣については少し見ていたりしていたので何となくで知っていましたが種類沢山あるのと刀剣も作られる時代によって形や刃紋が違うんだなと思いました。皆さんの家に眠っている刀剣はどの形になりますか?そのまましまっているより査定してみませんか?査定は無料でしているのでいつでもお持ち込みください。その他茶道具や和装小物、掛け軸や和楽器などなど査定お買取りしておりますのでお持ち込みください!

 

 

 

【最後まで見て下さった方にお知らせです!】

ジュエルカフェではTポイントが貯まります!

お買取りした分お付けいたしますので金額お渡し前にカードご提示お願い致します。

 

↓↓↓ 対象のお買い取り商品 ↓↓↓

貴金属・ブランド・ブランドジュエリー・時計になります。

 

お買取金額+Tポイントになりますのでお得ですよ!

是非ご提示ください^^

皆様のご来店お待ちしております。

【島根県出雲市買取専門店】骨董品売るならジュエルカフェ!鉄瓶の保管方法から査定時に必要なこと 2019年10月28日

島根県出雲市・大田市・雲南市の鉄瓶・茶道具などの骨董品・貴金属・時計・ブランド・金券を売るなら買取専門店のジュエルカフェへ!掛け軸、和装小物なども無料お見積り致します!

 

皆さんこんにちは。イオンモール出雲店です。

あっと言う間に10月も終わりに近づいてきていますがジュエルカフェではまだまだ骨董品買取強化中です!

今回は鉄瓶についてご紹介します。

実は日本よりも海外に人気がある鉄瓶、家の不用品も需要があるうちは意外とお宝かもしれませんよ!

鉄瓶の中でもとくに有名な南部鉄瓶に注目してみましょう☆

 

南部鉄瓶とは

南部鉄瓶」といえば、岩手県の伝統工芸品・南部鉄器の代表格ともいえる、昔ながらの「湯を沸かす道具」です。

現代の「やかん」と同じ役割を果たすものです。
 どちらも「湯を沸かす」ことができますが、ステンレスやホーロー製などのやかんで沸かした湯と、鉄製の南部鉄瓶で沸かした湯では、見えないところで決定的な違いが生まれます。

やかんと鉄瓶の違い

やかんと鉄瓶の違い、それは「」です。
やかんでも南部鉄瓶でも、程度の差はあれど、どちらも沸かせば水道水のカルキ臭や塩素臭を取り除くことが出来ます。
しかし、やかんで沸かした湯は十分に沸かしても不味いと感じたり、沸かし加減が足りないのかとさらに長い時間沸かし続ければ、ますます不味いものになってしまう、とも言われています。

(やかんの材質や使う水の成分等、様々な状況にもよるかと思われます)

南部鉄瓶では、水が沸騰すると鉄瓶の内側から溶け出した鉄イオンが残留塩素と反応して塩素を分解・除去してくれます。

この鉄瓶による塩素除去効果は、他の材質で出来たやかんによるものと比べて、特に”優秀である”とされています。


そして、鉄瓶を使い始めておよそ2週間目頃になると、鉄瓶の内側に褐色の斑点や白い沈殿物が付着し始めます。
これは錆ではなく、湯の中に混じっている様々な物質(カルシウムなどのミネラル等)が沈着したもので、「湯あか」と呼ばれます。


「あか (垢)」というと聞こえが悪いですが、鉄瓶におけるこの「湯あか」は、絶対に取り除いてはいけません。
なぜなら、この「湯あか」こそが、湯をまろやかで美味しいものにしてくれるからです。


「鉄瓶は使い込むほどに良い」とされるのは、このためです。
使い続けて「湯あか」を育てれば育てるほど、美味しいお湯を頂くことが出来るようになります。
(湯あかが湯の味にどのように作用するのか、その辺りのメカニズムは現時点では不明です。)

 

鉄瓶を使い始めるときに必要な作業

鉄瓶を初めてご使用になる時は、まず、「鉄瓶の容量の8割程度まで水を入れては捨てる」という作業を、3~5回程度、繰り返してください。

内部に付着した異物を洗い流すための作業ですが、この時に、内部をたわしで擦ったり、指で擦ったりなどは、決してしないでください。
次に、「お湯を沸かし、沸いたら捨てる」という作業を、2~3回繰り返してください。

沸かしたお湯が無色になれば、飲用することができます。
鉄瓶がその良さを発揮し始めるのに、約2週間掛かります。
この期間中は、鉄瓶を毎日お使いになることをお薦め致します。

鉄瓶でお湯を沸かすには、炭を燃やすのが一番良いのですが、ガスレンジやIH調理器でもご使用頂けます。

ただし、その場合は弱火を心掛けてください。
※IH調理器によっては、底径12cm未満のものは加熱できないなどの仕様がございます。

 

鉄瓶の保管方法

基本的には「濡れたまま放置しない」、ただこれだけです。
ご使用後は以下の方法を参考に、鉄瓶をしっかり乾燥させてください。


・鉄瓶が熱いうちに内部を空にし、蓋を外してください。

そうすることで、鉄瓶の内部が余熱によって乾燥していきます。

(蓋も内側を上にしておくことで、同様に乾燥していきます)


・鉄瓶を弱火で空焚きして乾かす方法もございます。

この時、必要以上に加熱し過ぎると鉄瓶内部に施された金気止めの酸化皮膜が損傷し、錆や金気の発生原因となりますので、ご注意ください。


・鉄瓶の外側は、乾いた布巾で拭いてください。

また、鉄瓶が熱いうちに煎茶を少し浸した布巾で鉄瓶の外側を時々拭いてあげると、次第に表面に独特の光沢が生まれてきます。
※鉄瓶の内側は、絶対に触らないでください。

(鉄瓶の内側には金気止めの酸化皮膜が施されており、この皮膜が損傷すると、錆や金気の発生原因となります。)
※鉄瓶の内側や外側を洗剤で洗ったり、たわし等でこすったりなどは、絶対にしないでください。

鉄瓶は「鉄」で出来ている以上、どれだけしっかり乾燥させながら使っていても、「錆びたのでは!?」と思う赤く変色した様子が見られるかもしれません。
この時に、慌ててたわし等でこする行為は、前述した通り ”ご法度” です。
まずは、そのまま湯を沸かしてみてください。

沸かした湯が澄んでいれば、問題ありません。
沸かした湯が濁っていれば、それは「金気 (かなけ)」と呼ばれるものであり、これは問題ありです。

金気が発生した鉄瓶で沸かしたお湯は、もちろん美味しくありません。


「濡れたたまま放置しない」、これさえ怠らなければ、このような状態にはそうはなりません。
少しぐらい錆びたと感じても、錆は害ではありませんし、使い込んでいくうちに「湯あか」が付いて次第に錆は気にならなくなり、そうして鉄瓶はどんどん”成長”していきます。
昔から岩手の鉄瓶職人の間では、「錆」と「金気」を区別して呼び分けたそうです。

風通しの良い場所に、布や紙に包まずに置いてください。 
ただし、長期間使われなかった鉄瓶は、以前のような湯質を取り戻すまでに約1週間掛かります。
できれば月に一度は手に取って湯を沸かし、しっかりと乾燥させてから元の場所に戻してください。

 

鉄瓶・骨董品を高く売るためには?

今回ブログを書くにあたり鉄瓶について勉強しましたが使用するのにかなり手間暇がかかるものと分かりました。

自分は到底扱いきれないと実感もしました…。

しかし中にはそんな鉄瓶や骨董品が欲しいと思っている方もいますのでしまったままの骨董品など処分してはどうでしょうか?

まず売る前に汚れやほこりはできるだけ取り除く・箱などがあるものはきちんと箱に入れて持って行く、それだけでも金額に差がつく場合もあります。

箱にはいつごろ誰が作ったものか記載されている場合があるので有名な作者や年代によって価値がかわるものもあります。

 

家にずっとしまっている骨董品などありましたらまずはお気軽にジュエルカフェへお問い合わせください。

皆様のご来店お待ちしております!

ジュエルカフェイオンモール出雲店の店舗情報はこちらから!

【島根県出雲市で和装小物買取大強化中】簪など骨董品売るならジュエルカフェへ! 2019年10月27日

こんにちは!出雲市、大田市、雲南市、松江市、飯南町の骨董品・貴金属・ジュエリー・ブランド・時計・金券などの買取専門店ジュエルカフェゆめタウン出雲店です!まだまだ、骨董品、茶道具、和物など買取大強化中です!!当店は、出雲市で骨董品買取が一番高く、どれだけ古くても安心してお買取りさせて頂きます!もちろん査定はいつでも無料です!ジュエルカフェではどんな和装小物が売れるのか?!本日は、和装小物の買取について紹介していきます!

和装小物とは

和装小物とは、などなど、着物など和服を着るときに使う小物の総称です^^

例えば、

◇簪(かんざし)

◇帯

◇帯締め

◇帯留め

◇和物手提げバッグ

◇草履、下駄などの履物

などがあります。

では何点か詳しく紹介していきます^^

簪(かんざし)

かんざしは江戸時代中期以降に、多彩な髪形が生まれて、髪飾りとして発達し大流行しました。そもそものかんざしの始まりは縄文時代からです。古代の日本では、一本の先の尖った細い棒に呪力が宿ると信じられていたそうで、それを髪に挿すことで魔を払うことができると考えていたようです。

かんざしの原材料にはいろいろな物が使われています。漆(うるし)を塗った木(桐、桜、ホオノキ、ツゲなど)、金や銀をめっきした金属、真鍮製のもの、鼈甲、象牙、絹、プラスチックなどがあります。飾り部分には、水晶、瑪瑙(メノウ)、珊瑚(サンゴ)、翡翠(ヒスイ)なども用いられていました。かんざしの種類は、玉簪(たまかんざし)、平打簪(ひらうちかんざし)などが代表的です。「こんなかんざしでも売れるのかな・・・。」というものも是非一度見させてください^^是非一度お持ち頂いてお買取りさせて頂きたいです!

 

玉簪

平打簪

帯締め

帯締めとは、女性の和服を着付けるときに使う、帯の上から帯を固定するのに用いる紐のことです。帯締めのルーツは、江戸時代、歌舞伎役者が衣装の着崩れを防止するために帯の上に締めた紐が帯締めのルーツです。それを真似た女性たちに流行し、庶民にも定着しました。浴衣には通常帯締めは用いなかった帯締めですが、ここ数年は浴衣にも帯締めを利用する着こなしが増えています。帯締めこそ、着物、季節、TPOに合わせてコーディネートするものです。着物と一緒に帯締めも一緒に眠っているご家庭もあるのではないでしょうか??眠っているならぜひお持ち下さい^^

帯留め

帯留めとは、女性の帯締めに通す、飾り物のことです。帯留めにはいろいろな種類があります。珊瑚(サンゴ)、翡翠(ヒスイ)、琥珀(コハク)、鼈甲(べっこう)、瑪瑙(メノウ)、真珠(パール)、金、プラチナ、銀、エメラルドなどが使われている物もあります。中でも価値のある帯留めは、サンゴや、エメラルド、金、プラチナが使われている物になります。使わず、眠っている帯留めがあれば是非ジュエルカフェでお売り下さい!!

 

珊瑚が使われた帯留め

 

 

骨董品などの歴史を調べてみるのもとても面白いです^^皆様もお家を整理していて出てきた骨董品、和装小物があればジュエルカフェにご相談ください^^

まとめ

整理などされている方は、是非ジュエルカフェへご相談ください!^^価値が分からず捨ててしまうのはもったいないです!「こんなものでも買い取れるのかな・・・」というものでもお気軽に是非一度お持ちください^^

また、大量にあって持ってこれないという方もご相談ください。出張買取を行っております。店頭、まだはお電話で承ります!^^


そして、「HPを見てきた」とスタッフにお伝えいただければ、骨董品、時計、ブランド品買取金額20%UP致します!!※受付時のみ有効・金券類不可です。


お売りいただくときに必要なものがあります!!


ご成約時には、身分証明書が必要です。運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなどです。お売りいただく際は、ご持参くださいますようお願い致します。身分証明書はコピーを取らせていただきます。ご了承ください。


Tポイント貯まります!!


お買取り金額(税抜)200円ごとに、Tポイント1ポイントお付け致します!※ただし貴金属、ブランド品、時計をお売りいただいた方に限ります。金券類はお付けできません。ご了承ください。
お金もTポイントも貰えるなんて本当にお得ですよね!!!おうちに眠っている使わないもの、お売りください^^スタッフ一同、笑顔でお客様をお待ちしています^^

グーグルマップコメントキャンペーン!!

スマホのグーグルマップというアプリで、ご来店いただいた評価と感想をその場で打って投稿していただくと、なんと、食器洗剤1本と、BOXティッシュ5箱または、Tポイント300ポイントどちらかをお選びお頂きプレゼント致します!!^^是非この機会にご来店ください(_ _)皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております!!^^

 

 

ジュエルカフェゆめタウン出雲店の店舗情報はこちらから

【島根県骨董買取No.1】陶器を高く売るコツ 2019年10月24日

こんにちは、島根県出雲市、松江市、大田市、雲南市、飯南町、邑南町、奥出雲町、川本町の

貴金属、時計、金券、ブランド、骨董品買取のジュエルカフェゆめタウン出雲店です。

 

今年もあっという間に残すところ、あと2か月ですね。

寒い日も多くなって参りましたので皆様どうぞご自愛ください^^

 

さて今回はジュエルカフェでも持ち込みの多い陶器についてご紹介させて頂きます!

 

陶器の歴史

日本では、約1万6500年前の土器が青森県の大平山元遺跡から

見つかっておりこれは世界最古とも言われています。

1万6500年前と言うと、日本では縄文時代の初め頃にあたります。

人々が木の実を採取し、石や弓で狩猟し生活していた時代です。

そんな頃から調理や保存の為さらには供え物としても土器を使用していたなんて改めて驚きですよね。

奈良時代になると窯が登場し、さらに高温で焼く事が出来るようになります。

この技術によって土器より強度の強い陶器が誕生し、日本中に広まりました。

桃山時代になると“茶の文化”とともにさらに発展し見た目も美しい陶器がうまれ種類も多様になりました。

 

六古窯

一般家庭にも陶器が広まり、平安・鎌倉・室町時代にはたくさんの窯があったそうですが、

その中でも良品を焼く事のできた窯が次第に残りました。こうして名を残したのが「六古窯」(ろっこよう)です。

六古窯とは【瀬戸】【常滑】【丹波】【信楽】【越前】【備前】です。

 

【瀬戸】

愛知県。陶器を日本で始めて本格的に焼いた場所とも言われています。

“瀬戸物”と言えば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

江戸時代には黄瀬戸、瀬戸黒、志野、織部などが作られました。

 

【常滑】

愛知県。急須と言えば、常滑焼(とこなめやき)と言われるくらい有名ですよね。

あの印象的な朱色は酸化鉄が含まれている為で、耐久性に長けており、水を吸わない、

まさに急須にうってつけの素材なのです。

 

【丹波】

兵庫県。丹波焼(たんばやき)には特徴がないことが特徴と言われるほど多様な焼き物です。

初期には壺やかめが主に作られていたそうですが江戸時代に入ると茶人の命により、

茶入・水指・茶碗をつくるようになったそうです。

 

【信楽】

滋賀県。狸の焼き物と言えば信楽焼(しがらきやき)ですよね。

信楽特有の土味が出す温かみのある発色と、釉(うわぐすり)の焦げた色合いが特徴的です。

 

【越前】

福井県。主に壺やかめ・すり鉢が作られていました。越前焼(えちぜんやき)は

高温で焼く為、固くて丈夫です。釉を塗らないので焼いた時に薪の灰が器に流れ出し

自然な風合いになります。素朴な味わいが魅力です。

 

【備前】

岡山県。すり鉢・かめの他に獅子などの置物や香炉なども作られるようになり、

これらは朝廷や将軍へも献上される程だったそうです。

独特の赤みはひとつとして同じものにならない魅力があります。

 

 

持ち込む時のポイント

骨董品にも相場がありますが、欲しい人がいれば高くなるといった

個人の趣味が大いに反映される非常に流動的なものです。

なので「この器は無名の作家だし売れないかも…」と思われるお品でも

しっかりお値段をお付けする事が出来るのです!

そこで、より高額買取にするために持ち込む時のポイントをご紹介いたします♩

 

 

付属品をお忘れなく

たかが付属品、されど付属品。骨董品に限った事ではないですが、

付属品が有るのと無いのとでは買い取り金額に大きく影響します。

桐箱、共布、作家がわかるような書物がある場合には必ず一緒にお持ちくださいませ。

 

有名作家の目印

有名作家の作品は欲しい方がそれだけ多くなるので高価買取につながります。

ここではその目印となるポイントをお伝え致します!

 

≪ 器の底 ≫

まず確認して頂きたいのは“器の底“です。銘が入っているものでしたら有名作家である可能性が高いです。

ただ銘と言うものはよく変わるそうです。作品の種類毎に変えたり、作家自身のなにかの転機に

変えたりするそうです。また、字体を変えてみたり、字の大きさを変えてみたり…と同じ作家でも

複数のサインが存在するようなので判別は非常に難しいです。また有名であれば贋物も多く作成される為、

見分けるのは非常に困難です。

 

≪ 桐箱 ≫

次に“桐箱があるか”です。さらにこの桐箱に題名や署名があれば、

より有名作家の作品である可能性が高くなります。

題名や署名と言われても達筆で何が書いてあるか分からない!

となることもあるかと思いますが、

何かしら書かれていれば可能性があります!是非参考にしてみてください。

 

出来るだけ良い状態での査定を

何よりも重要なポイントが“より良い状態”であることです。

陶器などの骨董品は取り扱いが非常に難しいです。ただしまっていただけなのに

久々に開けてみたらカビが!なんてことも多々あります。水分を吸収してしまうと

カビや悪臭につながりますし、ひびが入ったり欠けたりするとやはりお値段に影響が出ます。

状態が悪くなる前に、早めに査定されることをおすすめいたします。

 

まとめ

今回は陶器の高価買取ポイントについてご紹介致しました。

家にあるけどいつからあるのか、誰が買ったのか分からないし

値段なんてつかないだろうと置いてあるもの、、、

また、年末に向けての大掃除でお家から出てくることもあるかと思います。

是非参考にしてみてくださいませ^^

 

たくさんあって持っていけない、大きくて運べないなどの場合は出張買取も出来ますのでご相談ください。

 

お売り頂く際には、

ご成約時には免許証や保険証、個人番号カード、住基カード、パスポートなどの身分証明書が必要です。

こちらはコピーを取らせて頂きます。予めご了承くださいませ。

 

Tポイント貯まります

お買取り金額税抜き200円ごとにTポイント、1ポイントお付け致します。

(ただし、貴金属、ブランド品、時計をお売り頂いた方に限ります。金券類は対象外です。ご了承ください。)

 

グーグルマップコメントキャンペーン

グーグルマップのクチコミから、ご来店いただいた評価を星☆で、感想をコメントで入力し投稿していただくと、

「食器洗剤1本とBOXティッシュ5箱」もしくは「Tポイント300ポイント」をプレゼントいたします。

こちらのTポイント300ポイントは買取品目に関係なく、お付けすることができます。

※金券をお売りいただいた場合にも、グーグルマップコメントをしていただくと300ポイントプレゼントです^^

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

ジュエルカフェゆめタウン出雲店の店舗情報はこちらから

ページの先頭へ
ページの先頭へ