国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

意外と多い偽物ブランドの見分け方とは?(エルメス編)

日本では流通量が少なく、1つ1つの価値(価格)が高いうえに中古品もなかなか出回らない高級ブランドの代表の一つが、エルメス(HERMES)と言えるでしょう。特にバッグのケリーやバーキンなどはその代表格で、1点当たり100万円前後~500万円以上の価格がついていることも珍しくないので、憧れである一方万一偽物だった場合は大変なショックを受けてしまうことになります。今回はバッグを中心にしたエルメスブランドに絞って、偽物に多い傾向と特徴などについて、できるだけ慣れていない人でも気づきやすいポイントに絞ってお伝えしたいと思います。

エルメス(HERMES)は偽物の質が概して高い

決めつけるわけではないですが傾向として、エルメスはヴィトンなど流通量が圧倒的に多いものと比べ、偽物の質がそれなりに高いものが多いといえます。理由としてはエルメスの流通量の少なさと、1点当たりの利益の大きさが挙げられます。

ヴィトンなど流通量が多いものであれば偽物の市場(点数)もそれなりにあるため、いわゆる「粗製乱造」でもある程度収益が取れます。しかしエルメスの場合、あこがれる人は多いものの売れている数自体が少ないため、偽物の入り込める点数も限られていて、それでいて価格が高い分真贋についても厳しい目でチェックされるため、スーパーコピー品(本物そっくりのよくできた偽物)を点数は少なくとも、コストをかけて作るという傾向があるのだと思います。またエルメスの場合ケリーやバーキンなどになると購入まで1年待ち、2年待ちとなるケースも少なくないのでこれに対応して偽物のグレードも高めたものを投入してくるということもあるかもしれません。

未経験者さんにチェックできるポイントは限られている

同じブランド品でも、エルメスがヴィトンなどの流通量の多いものと比べて大きく異なるのは、「ブランドの取り扱いの経験があまりない」一般の人でも見破れる真贋ポイントがかなり限られているということです。どうしても「偽物側も高いコストをかけて巧妙に作られてくる」ため、かなり細かい点までチェックしないと本物とそうでないものを見分けることが難しいのです。日々かなりの量の本物、偽物に触れていてこそ初めてわかる「違和感」というものも数多くあるため、エルメスについてはできるだけ個人で判断することなく、信頼のおける買取店(歴史があるか、取扱量のそれなりにある組織)などに査定を依頼するのがベストでしょう。真贋ポイントについてはエルメスは細かい点が多いのですが、その中でも比較的見つけやすいものをチョイスして以下にお伝えします。

エルメスのコピー品にありがちな特色。偽物を見分けるポイント4選

○スタンプ刻印部分に注意

バッグの場合はすべて、留め金と開け口の間に
HERMER PARIS – MADE IN FRANCE
という刻印がされています。この刻印部分がプロが査定する場合も最初に目を通すところが多い部分で、粗悪なものの場合よく違いが現れます。本物であれば間違いなくくっきりと読み取ることができるのですが、偽物の場合は縫製(縫い目)のせいで文字が途切れていたり、文字の輪郭があいまいだったり薄い部分があったりなど、「刻印ではなく文字が貼り付けてあるだけ」といった印象を受けることがあります。

〇皮革の素材部分の質の違い

バッグなどの表面素材にも、本物と偽物で違いが表れる場合が多いです。見た目だけでなく手触りで確認するといいのですが、本物であれば溝部分の彫りが比較的深めに入っている一方で、手触りは柔らかく優しい感じがします。しかし偽物の場合は彫りが若干浅く、手触りは似ていますが若干ゴワゴワする印象を受ける場合があります。いずれにしてもちょっとした違いなので、「その1つだけを見て」真贋を判断するのではなく「本物と比較して」判断することが、特に新品エルメスの場合重要と言えるでしょう。

また中古エルメスなど購入して数年経過している革製品の場合は、本物と偽物の違いが新品以上に現れてくるのもポイントです。特に違いが表れやすいのはどちらかというより外側より内側(内装)で、縫製のほつれやレザーのべたつきなどが出てきやすくなります。特にレザーのべたつきが出てきている場合は(扱いによっては確実とは言えないのですが)偽物である場合が多いです。他にも経年変化で偽物の場合は側面に膨らみが出てきたり、表面がゴワゴワとした固い感触に変化していったりなどいくつかのパターン(違和感)があるので意識してみるといいかもしれません。

○ストラップ裏面のIDコード

ケリーやバーキンなどの場合はストラップ裏面にIDコードが刻まれているので、それを照合して真贋を判定できる場合もあります。(刻印が浅い場合なども偽物であることがあります)アルファベットまたは記号+アルファベットが主でできたこの刻印は、製作職人の刻印でもあり以前は年式までわかるものでした。(最新モデルはランダム刻印なので年式がわからなくなっています)また、刻印そのものでなくそのストラップ自体のつくり(裁断部分が雑かどうかなど)にも違いが出てきます。

○保存袋に注目

また査定の現場で良く注目されているのが付属品でもある「保存袋」です。本物であれば白かベージュ色(古いものだとオレンジに近い)ですが偽物の場合はグレーなど違う色合いの場合もあります。また繊維についても本物はコットン100%ですが偽物はそうでない場合も多く、ひどい場合はポリエステルなどが使われてしまっているのもポイントでしょう。また素材がそれほど違わない場合でも保存袋に入っているロゴ(馬車・馬・男性が描かれている)は本物とコピー品で違いが比較的見つかりやすい部分でもあります。本物の画像などはネットで見ることも可能なのでここを参照してみるのも方法かもしれません。(偽物は細部が雑です)

この4つ以外にも「偽物はここが違う場合がある」というポイントは正直無数あり、偽物ごとに特色があるので切りがない部分があります。ただこの4つについては「専門家ではない、素人さんが見ても比較的違いを見つけやすい」ポイントとして知られているので、優先的に挙げさせてもらいました。いずれにしても他のブランドと違い精巧な分だけ「わずかな違いに着目する」ことが真贋判定にはどうしても必要になってきます。本物を多く知っている人が比較するのが一番なのですが、自分でどうしても確認したい場合はその1つだけを見るのではなく、ネットの画像などで本物をいくつも参照して判断していくのがいいのではないでしょうか。

最後は、プロに任せてみないとわからない

エルメスは、偽物側もかなりコストをかけ真似をしてきているスーパーコピーの多いブランドです。未経験者さんなど一般の人では分からないケースもかなり多いといえるでしょう。「第三者に見せて断定されてしまうのが少し怖い…」ということで査定に出すのをためらう人もいるのですが、1つ1つの真贋の重みは大きいと言えるので経験豊富なスタッフに見てもらうことをお勧めします。

結局は「コストをかけた本物を日々見ている経験」が物を言う

もちろん、ブランド専門店や買取店など、ビジネスとしてエルメスを多く扱う人以外でも、偽物を見破れないという訳ではありません。最終的に買い取り店などの鑑定のプロに任せればもちろん安心ではありますが、(専門知識を除けば)結局のところプロとそうでない人の違いと言っても「本物にどれだけ触れた回数があるか」という事に集約されると思います。本物に触れる、というと難しく聞こえますがたとえばエルメスの本物が掲載されているブランド専門誌などを買って毎月本物の映像をあこがれて眺めていた…というだけでそれが生かされた人もいます。またブランド品を扱うリサイクルショップなどを回っていろいろ見ていくうちに「違いにピンとくるようになった」という人も少なくありません。せっかく高いお金を払って手に入れたエルメスについて、「見る目を養う」ことは偽物、コピーの防止だけでなく良さも理解することにつながるので、買ったもの以外についても目や手で触れられる機会はどんどん増やしたいですね!

こんな記事も読まれています

宅配・出張買取エリア

  • 北海道
  • 札幌/函館
  • 東北
  • 青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
  • 関東
  • 東京/銀座/青山/神奈川/横浜/埼玉/ 千葉/茨城/栃木/群馬/山梨
  • 信越
  • 新潟/長野
  • 北陸
  • 富山/石川/金沢/福井
  • 東海
  • 愛知/名古屋/岐阜/静岡/浜松/三重/ 津
  • 近畿
  • 大阪/難波/梅田/兵庫/神戸/芦屋/ 姫路/京都/新門前/滋賀/彦根/奈良/ 和歌山
  • 中国
  • 鳥取/島根/岡山/倉敷/広島/山口
  • 四国
  • 徳島/香川/愛媛/高知
  • 九州
  • 福岡/博多/佐賀/長崎/熊本/大分/ 宮崎/鹿児島/沖縄
ページの先頭へ
ページの先頭へ