国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

意外と多い偽物ブランドの見分け方とは?(ロレックス編)

色々な種類のブランド時計の中でも「ロレックス」(ROLEX)は流通量も群を抜いていて価格も高く一番人気です。そしてその分偽物も、かなり流通しています。精密機械ということがあるので素人には見分けづらく、また偽物の場合の損害も大きいことから多くのお客様も、「偽物ではないか?」ということにナーバスになりがちで、一番問い合わせの多いアイテムではあります。

一口に偽ロレックスといってもピンキリです

ロレックスというブランドはもちろん固有の1種類(1メーカー)しかありません。それに対して偽物は無数の製造メーカーが存在しているので、その質も様々です。中にはいわゆるスーパーコピーといわれる、中のムーブメントまで正規品と同じ製造元(エタ社)の物を使っている物もあります。またその一方、中身はもちろんですが外観からして素人でも少し注意して見れば見分けられる程度の粗悪な物も数多く存在します。

どこで購入したかもポイント

たまに「保証書が付いている」のでこれは大丈夫、と考える方もいますが、多くのロレックスを査定している立場からすると、必ずしもそうとは言い切れません。偽物ロレックスは独特のルートを築いて流通しているので、中にはコピーを堂々と販売している店舗もあるほどです。もちろんそういう店舗で購入してしまう場合は論外ですが、特に海外や、国内でも完全な正規ルート以外で購入した場合は可能性はゼロではないと考えた方が良いと思います。

比較的素人の方でも見分けやすいポイント

○ロゴや文字などの部分の精巧さとバランス

偽物の場合は本物と比べ文字が太めになりにじんでいるように見えることがあります。高いコストをかけて精密な印字や刻印をしていく技術がないから差が出てくると思われます。 またロレックス特有のものとして時刻を表す数字の部分をよく見ると、白い芯の部分とそれを包む金属部分にわずかなずれ(芯が中央に無い)が見えることがあります。また中央上のクラウンマークの5つの先端部の付け根がバランスよく細くなっているかどうかで見分けるやり方もあります。
※ルーペなどがあると見つけやすいです。本物の画像などはネットで拾うことも可能ですので比べていくのが無難でしょう。

○夜光塗料の塗りの漏れや、ずれ

時計の文字盤や針に塗られた夜光塗料や白い塗料がわずかにずれていたり、はみ出していることがあります。
※これも肉眼では分かりにくいのですが、ルーペ等を使うと違いが顕著にわかるものです。

〇リファレンスナンバーの有無や内容

ロレックスの型番(リファレンスナンバー)も見分けるポイントです。これはすぐみられるものではないので本体の12時側のブレスレットを外した部分についています。質の悪いタイプの偽物の場合、型番はすぐには見えない部分になるので逆に手が抜かれがちな部分で、ついていない場合は間違いなく偽物です。またついている場合も偽物ということもあり、そこに書かれた数字や文字と商品が一致するか…という事を確認した方が良いと思います。(法則については様々なサイト等で紹介されているので割愛します)

○ブレスレット側面のネジ

ロレックスの場合ブレスレットの側面にあるネジも違いが出やすいと言われています。一般にマイナスドライバーを使うように細工されているのですがネジと本体の間にすき間があったり、ネジ自体が長すぎたり短すぎたりするような印象を受けた場合は怪しいと言えるでしょう。

○秒針がスムーズに動いているか

特にロレックスの場合、秒刻みで秒針がカチカチ動いている場合は粗悪なコピー品です。質の高いムーブメントを使用していれば流れるように秒針は回転していきます。

↑これらは比較的見た目に反映されやすく、特に安い量産型の偽物の場合は素人さんでも見破りやすいポイントですが細かいので、ルーペなどを使ったり本物の画像をネット等で参照しながら確認することをお勧めします。

精巧なコピーをプロはここで見分けている

○ムーブメント(内部構造)が本物と同じでも見分ける方法

スーパーコピーの中にはムーブメントに正規品と同じメーカー(エタ社)の物を使用している物もあります。しかしムーブメントは同じでもロレックス正規品でない場合は取り付け後の調整に差が出て、見分けることができます。専門のタイムグラファーという機械を使って音を聞けば正規品か見分けることができるので依頼を出して預けてみてもらうのも方法です。

○ブレス部分の刻印やマークの質

ルーペなどで見ないと分かりづらいのですが、ブレスについているロレックスのトレードマークである王冠の刻印マークや、ベルトバックルの内側にある王冠マークもポイント。偽物の場合は凹凸部分があまりなかったり、つぶれるように見えて仕上げが粗かったりする違いがあります。

○ガラス部分の王冠の透かしマーク

風防(ガラス面)6時方向にある王冠の透かしマークが無かったり、濃すぎたり薄すぎたり(通常は見づらく、光の加減を変えてようやく見える程度)するのも見分けるポイントです。ただこれは数多くの本物に触れていないと感覚的に見分けづらいかもしれません。

〇モデル毎に真贋のポイントは変わってくる

ロレックスには様々な人気モデルの系統があります。たとえばエクスプローラーⅠであれば王冠マークや文字の質など、エクスプローラーⅡであれば夜光塗料の質や24時間針、サブマリーナであればベゼルの60分計の部分など、モデル毎に固有の箇所もあり、また偽物の特徴が表れやすい箇所も異なってきます。プロは一般的なモデルの真贋だけでなく、モデル毎の豊富な偽物情報も駆使して鑑定をしています。

上記に上げたもの以外にも「リューズの手触り感」「つや消し加工の有無」「フラッシュフィットのカーブ」「境界線の面取り」などなど、「偽物はここが違う!」というポイントは無数にあります。これについては偽物ごとに特色があるので知識としては切りがない部分もあります。

また、本物と偽物の境界線といえる質にしてもむらにしても「程度」というものがあり、「どの程度までが本物で、どこまで違えば偽物か」ということについては経験者でないと分かりづらい部分があります。買い取り専門店ではプロの査定士がそうした多くの部分も含めて違いをしっかり見てくれます。

迷った場合はプロに任せたい

コピーを作る業者も年々進化しているので、本物か偽物かについてはその場で分からない場合の方が多くなってきています。特にロレックスの場合「コストをかけた巧妙なコピー品ほど、中など目に見えない箇所を確認しないとわからない」傾向があります。上記のタイムグラファーによる鑑定もそうですが、スーパーコピーの場合その道のプロや専門の機械を使わないと最終的には判断できない…ということもあります。買い取り店ではお客様の了承を得たうえで責任をもってお預かりして確認させていただいております。

しかしある程度までの量産型コピー品の場合
○慣れていないと肉眼ですぐには分かりづらいものの、ルーペを使うと意外にわかること。
○そもそも本物がどうなっているのか知らないと違いが判らないこと。
の二つが言えます。

結局は「本物と触れ合う経験」が物を言う

今回はロレックスの偽物についてお伝えしてきましたが、このブランドに限らずブランド時計は日々更新されているスーパーコピー品を除けば、結局ローコストで作られています。「細かい部分の違いから安っぽさを見つけ出す」という事に共通点があると言っても過言ではありません。

もちろん買い取り店などの鑑定のプロに任せれば安心ではありますが、(専門知識を除けば)結局のところプロとそうでない人の違いと言っても「本物にどれだけ触れた回数があるか」という事に集約されると思います。本物に触れる、というと難しく聞こえますがたとえばロレックスの専門誌を買って、毎月本物の映像をあこがれを持って毎日眺めていた…という人は偽物を見た時にピンときたり、「どこか違う…」という違和感に気づきやすくなります。結局プロも専門知識以外は、その延長線上にいるのです。せっかく高いお金を払って手に入れたロレックスについて、「見る目を養う」ことは偽物、コピーの防止だけでなく良さも理解することにつながるので、買ったもの以外についても目や手で触れられる機会はどんどん増やしたいですね!

こんな記事も読まれています

宅配・出張買取エリア

  • 北海道
  • 札幌/函館
  • 東北
  • 青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
  • 関東
  • 東京/銀座/青山/神奈川/横浜/埼玉/ 千葉/茨城/栃木/群馬/山梨
  • 信越
  • 新潟/長野
  • 北陸
  • 富山/石川/金沢/福井
  • 東海
  • 愛知/名古屋/岐阜/静岡/浜松/三重/ 津
  • 近畿
  • 大阪/難波/梅田/兵庫/神戸/芦屋/ 姫路/京都/新門前/滋賀/彦根/奈良/ 和歌山
  • 中国
  • 鳥取/島根/岡山/倉敷/広島/山口
  • 四国
  • 徳島/香川/愛媛/高知
  • 九州
  • 福岡/博多/佐賀/長崎/熊本/大分/ 宮崎/鹿児島/沖縄
ページの先頭へ
ページの先頭へ