国内最大級の総合リユース専門店ジュエルカフェ

業界最大級の高価買取!

金色=ゴールドとは限らない!知っておきたい金の色

金色=ゴールドとは限らない!知っておきたい金の色

黄金色以外の色が存在する理由

金には黄金色以外の色も存在します。それは、金が加工しやすく傷にも強い合金の形で製品が作られることが多いからです。
たとえば18金の場合、金の割合は75%で残りの25%は他の金属が割り金として使われています。この割り金に何をどれくらい使っているかによって微妙に色が変わり、ジュエリーなどのデザインに合わせて使われます。

黄金色以外の色

黄金色以外の金として有名なのが、グリーンゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールド、レッドゴールド、ホワイトゴールドの5種類です。
金の純度を75%とした場合、残りの25%のすべてに銀を使ったものがグリーンゴールドです。それに対して、銀と銅をほぼ同じくらい使ったものがイエローゴールド、銅の割合が多いものがレッドゴールドです。レッドゴールドよりも若干色が白っぽいピンクゴールドは、25%のうちの8割程度が銅という配分になります。ホワイトゴールドは25%のうち、パラジウムまたはニッケルが5%程度含まれているものです。割り金として使う金属の種類や配分を変えることで、さらにいろいろな色にすることが可能です。

スマホで簡単査定

ライン査定

お問い合わせ

現在多くのお問い合わせを頂いており、ご返信に少々お時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

宅配・出張買取エリア

  • 北海道
  • 札幌/函館
  • 東北
  • 青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
  • 関東
  • 東京/銀座/青山/神奈川/横浜/埼玉/ 千葉/茨城/栃木/群馬/山梨
  • 信越
  • 新潟/長野
  • 北陸
  • 富山/石川/金沢/福井
  • 東海
  • 愛知/名古屋/岐阜/静岡/浜松/三重/ 津
  • 近畿
  • 大阪/難波/梅田/兵庫/神戸/芦屋/ 姫路/京都/新門前/滋賀/彦根/奈良/ 和歌山
  • 中国
  • 鳥取/島根/岡山/倉敷/広島/山口
  • 四国
  • 徳島/香川/愛媛/高知
  • 九州
  • 福岡/博多/佐賀/長崎/熊本/大分/ 宮崎/鹿児島/沖縄
ページの先頭へ
ページの先頭へ